NXの特徴 | 新車リースはクルカ
レクサスNXのMV

レクサスNXの特徴

「レクサスNX」は、レクサスブランドのミドルサイズクロスオーバーSUVです。現行モデルは2021年11月にフルモデルチェンジを実施した2代目モデルとなります。

レクサスNXは手ごろなサイズながら、迫力あるエクステリアや高級感満点のインテリアにスポーティな走りで人気の高いモデルです。また、レクサスブランドとしては、はじめてPHEVがラインナップされています。そんなレクサスNXの特徴についてご紹介します。

  1. POINT1

    車内の快適性

    レクサスNXのプラットフォーム(車台)は、トヨタハリアーと同じTNGAのKプラットフォームが使用されています。そのため、車内スペースはハリアーなどとほぼ同じで、寸法は室内長1,805㎜×室内幅1,520×室内高1 ,195㎜という広々としたスペースが備わっています。

    フロントシートもセカンドシートも十分なサイズを持ち、特に後席はルーフ高がしっかり確保されているため、快適な居住スペースとなっています。

    さらに、高級ブランドレクサスらしく、ボディの作り込みは徹底しており、サスペンションメンバーには補強ブレースや補強パネルが追加され、ボディパネルの板厚を上げています。

    そして、高剛性発泡剤を効果的に使いつつ新開発のレーザーピーニング溶接などを採用することで車体の剛性を向上させることで、静粛性や乗り心地は、従来型よりも上質なものとしています。

  2. POINT2

    運転のしやすさ

    レクサスNXの運転のしやすさ

    レクサスNXのボディサイズは全長4,660mm×全幅1,865mm×全高1,660mmで、ホイールベースは2,690㎜となっています。兄弟車であるハリアーよりは少し小さいですが、幅が広く、最小回転半径が5.8mと小回りはあまり効きません。そのため、狭い路地や駐車場では切り返しが多くなり、運転を少し大変に感じるケースもあるかもしれません。

    しかし、着座位置が高く視界も広いため、周囲は見渡しやすいので周りの車の動きは把握しやすいといえるでしょう。

    さらに、前後の静止物に接近すると自動ブレーキで衝突被害を軽減・回避してくれる「パーキングサポートブレーキ (前後静止物)」が標準装備されているため、運転に自信のない初心者でもボディをぶつけてしまうリスクは少ないので安心です。

  3. POINT3

    ラゲッジ

    レクサスNXの運転のしやすさ

    車体サイズに余裕があるため、ラゲッジスペースも十分な容量が確保されています。荷室容量は520LとこのクラスのSUVとしてはかなり広いといえるでしょう。

    さらに、リアシートの格納は電動式で車内からでも荷室からでもスイッチ一つ簡単に格納することができます。そのため、大きな荷物を積み込む際でも使い勝手が良く、ラゲッジスペースの実用性にも優れているといえるでしょう。

  4. POINT4

    安全性能

    レクサスNXには、先進安全装備の予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」が標準装備されています。

    全車速追従機能付きレーダークルーズコントロールやレーンデパーチャーアラート、アクティブコーナリングアシスト、ドライバー異常時対応システム装備されています。

    さらに、昼夜の歩行者と自転車・昼間の自動二輪車までも対応可能な自動ブレーキの機能を搭載するなど、最新スペックの充実した安全機能が満載です。

  5. POINT5

    エクステリア・インテリア

    レクサスNXはレクサス車らしい、高級感満点の都会的でスタイリッシュなエクステリア大きな特徴となっています。大きく張り出したフェンダーには存在感があり、フロント周りのデザインも大型のスピンドルグリルや厚みのあるバンパーによって、重厚感があります。

    レクサスNXが、実寸以上に迫力ある印象なのはこういった重厚感ある造形やディテールの高級感あるデザインによるのでしょう。高級感のあるクロスオーバーSUVが欲しいという方にはまさにぴったりです。周囲を威圧するような重厚感は他では得られないでしょう。

    インテリアもレクサス車らしく高級感が満点です。インパネの中央には14インチ(エントリーグレードは9.8インチ)の大型センターディスプレイがドライバー側に傾斜した形で配され、まるでコックピットのような雰囲気。ステアリングホイールからセンターコンソールのシフトレバーまで、主要スイッチを効果的に配置することでスイッチ類の操作性にもすぐれています。

    インテリアカラーは、Tazuna Conceptに基づき運転に集中できる配色構成が採用されています。ブラックとリッチクリームのコントラスト配色に、高彩度オレンジのアクセントステッチを効かせるなど、個性的で、上質なカラーラインアップが楽しめます。

    また、インテリアのオーナメント加飾には、ダークカラーを使い、シックさを演出しながら運転集中できる空間を作り出しています。

  6. POINT6

    燃費

    レクサスNXのパワーユニットは2.5Lガソリンエンジンと2.5Lガソリン+モーターのハイブリッド。そして2.4Lガソリンターボと2.5LガソリンPHEVの4タイプが用意されています。

    それぞれのWLTCモード燃費は、2.5Lガソリンエンジンが14.4㎞/L(2WD)で2.5Lガソリン+モーターのハイブリッドが22.2㎞/L(2WD)。そして2.4Lガソリンターボが12.2㎞/Lで2.5LガソリンPHEVが19.8㎞/L+EV航続距離88㎞となっています。

    サイズや車中から考えるととても優秀な数値です。PHEVならバッテリーのみで最大88㎞も走行できるというのも大きなメリットです。

  7. POINT7

    装備

    特徴的な装備としては、カラーヘッドアップディスプレイ(連動ステアリングスイッチ付)が“version L”の全車と “F SPORT”全車に標準装備され、NX350hとNX250にオプションとなっていることでしょう。ウインドシールドガラスの視野内に運転に必要な情報が表示されるので線を移動することなく運転が可能です。

    さらに、ヘッドアップディスプレイからステアリングスイッチから大型タッチディスプレイへスムーズな視線移動が可能なように絶妙な配置となっていて、操作性や安全性を高めています。

    リアゲートは、ハンズフリーパワーバックドア (挟み込み防止機能・停止位置 メモリー機能付) になっています。両手が荷物でふさがっている時でも、キーを携帯していればリヤバンパーの下に足を出し入れするだけで自動開閉が可能となっています。

    ユニークな装備としては64色の室内イルミネーションがあります。室内の造形や素材を美しく魅せる間接照明で車内全体をカラフルな光で彩ってくれます。センターディスプレイのカラーパレットで、プリセット以外の50色の中からも自由に選択でき、その時気分に合わせて様々なカラーのイルミネーションを楽しむことが可能です。

    また、専用スマートフォンアプリ「Remote Park」を操作することで、遠隔で並列・縦列駐車や出庫操作が可能となるリモート機能を装備されているというのも注目すべきポイントといえるでしょう。

レクサスNXのおすすめ利用シーン

これらに当てはまる人に
レクサスNXがおすすめ!

レクサスNX

総支払額

297 万円税込

2,970,000

頭金0

ボーナス0

月々定額

336

82,500税込

レクサスNX

新車リースクルカNX
自由解約型プランKURUCA FREE(クルカフリー) 自由解約型プランKURUCA FREE(クルカフリー) 法人・個人事業主のカーリースのご案内 短期で乗換・契約の見直し 法人・個人事業主のカーリースのご案内 短期で乗換・契約の見直し ついにクルカでクレジットカードでのお支払いスタート!! ついにクルカでクレジットカードでのお支払いスタート!!

NX関連コラム

関連コラム一覧

よくあるご質問

よくあるご質問一覧

他のSUV車種

条件・用途から車を選ぶ

お問い合わせ

私達にお任せください!

分かりやすく丁寧にご案内いたします!

PAGETOP