カーリースとは?

車検や各種税金もコミコミ月々格安で
新車に乗れるサービス

カーリースとは契約終了後の残存価格をあらかじめ車両価格から差し引き、
お客様が使用する期間の費用だけを月々支払うことで、
ローンで購入するより月々の支払いだけで安く車に乗れるサービスです。
今までカーリースといえば「法人」だけのものでしたが、
今個人向けのリース「マイカーリース」と注目されている新しいクルマの乗り方です。

カーリースの

メリット・デメリット

カーリースのメリット

各種税金、諸費用がリース料に含まれる

カーリースでは車の「維持費」が毎月のリース料に込みの料金となります。通常、毎年の自動車税の支払い、定期的なメンテナンスといった、どれも車の維持・管理に必要な内容になります。 突然の大きな出費がなくなりますので、「特に主婦の方、年金生活をされている方、社会人になって間もない方などには特に大きなメリットになります。」

月々の支払額が抑えられる

カーリースでは「残価」と呼ばれる将来の車の価値を設定します。 残価の部分は、リース料に含まれません。つまり、リース契約では車の全額を支払っているわけではないので、ローンなどに比べて月々の支払額を安くすることができるのです。 また、人気の高い車ほど残価が高い傾向にありますので、人気車ほど安く乗れる、という事もリースのメリットになります。

新型車・新車に乗れる

車は高価な買い物ですから、新車がでるたびに次々乗り換えるには、相当なお金が必要となります。カーリースであれば、常に新型車・新車に乗り換えることができます。当社の場合は短いスパンで常に新型の新車に乗り換えできる夢のようなサービスです。

カーリースのデメリット

契約後でも、自分のものにならない

購入とは違いカーリース契約では、契約満了時にも自分のものにはなりません。契約満了後に買い取りできるリース会社もありますが、買い取りする場合は割高になる場合もありますので、確認しておきましょう。

距離制限が設定されている

契約している車で走行する距離の上限をあらかじめ設定します。 上限の走行距離を短くしたほうがリース料は安くなります。リース会社によっては、料金を安く見せるために走行距離の短い設定で売り出している会社もありますので、リースの契約時には必ず確認をするようにしましょう。

改造・カスタマイズはできない

カーリースの場合、最初に残価設定をおこないますので、基本契約時の状態で返却する必要があります。たとえ、オーディオやナビを取り付けた場合、契約終了時に「原状回復」する必要があります。この辺りもどの程度の状態が必要かもリース会社に確認が必要となります。

向いている人・向いていない人

  • 法人・個人事業主の方

    法人・個人事業主の方

    経費として落とせるため、昔から多くの法人・個人事業主の方に利用されてきました。他社と比べて安く、定額であることと、長期コストのリスクを軽減できます。

  • 定額固定で利用したい方

    定額固定で利用したい方

    自動車ローンと比べ、頭金、ボーナス払い、車検、自動車税など月々払い以外の費用が発生しません!月々固定の定額料金だけなので、急な出費などが発生しないので安心です。

  • 趣味で車を使われる方

    趣味で車を使われる方

    他社に比べて、1年間に走行できる距離が圧倒的に長く設定されています。(例:アルファード 24,000km/年)ゴルフ・スキー・釣りなど遠くに行くことが多くても問題ありません。

もっと詳しく見る

カーリース関連コラム

コラム一覧

よくあるご質問

もっとみる
よくあるご質問
ボディタイプで選ぶ

お問い合わせ

私達にお任せください!

分かりやすく丁寧にご案内いたします!

※お電話は平日10︰00〜18︰00の受付となります

PAGETOP