カーリースの審査

自分の好きな車をリース会社から借りることができるカーリース。月々定額のリース料を支払えば、維持費も含まれているので気軽に乗ることができますが、利用するには契約者の家計状況の審査が必要です。

カーリースの審査とはどのようなものなのか。審査基準や審査に落ちた場合の対応について解説していきます。

カーリースの審査の流れ

  1. STEP1

    審査申込みフォーム入力

    クルカサイト内の審査申込みフォームから、収入や住所など必要情報を入力します。
    お申し込みには審査が必要となりますので、入力いただいた内容を保証会社で審査を行います。

  2. STEP2

    リース会社、保証会社で審査

    各リース会社、保証会社によってお支払い基準等に違いがございます。
    詳しくはこちらをご確認ください。

  3. STEP3

    数日以内に審査結果を回答

    お電話又はメールにてご通知いたします。※審査内容に関しては個人情報保護のためご回答できません。

  4. STEP4

    契約手続き

    審査通過後、オプションの追加等のご相談が承れます。ご契約内容が決まり次第必要な書類を発送させていただきます。※ご契約の締結基準は各リース会社によって異なります。詳しくはこちらからご確認ください。

書類のご案内

メーカーから弊社へご契約自動車の車台番号の連絡が参ります。速やかに自動車登録に必要な書類のご案内をお客様へ発送させていただきます。お客様によって書類が異なりますので、別途ご案内させていただきます。※この時点では必要書類が弊社に揃っていないため、ご納車日の確定はいたしかねます。
予めご了承ください。

カーリースに審査が必要な理由とは?

カーリースとは、リース会社が契約者の欲しい車を代わりに購入し、契約者に貸し出すシステムとなっています。リース会社の目線では知らない相手になんの保証もなく車を貸すということhは危険行為ですので、あらかじめ不払いや遅延といった大きなリスクを背負わないように「信頼できる利用者に車を貸す」ための手段として、利用者に関する情報を確認して車を貸せるか否かの決定をします。

  • 契約者から申告をして貰った情報が正しいものなのか?
  • 毎月支払いができる能力があるのか?
  • 度重なるクレームや不払い、遅延などトラブルを起こす危険性はないのか?

上記のような点をチェックすることで、リース会社と契約者が安心してリース契約を交わせるための手段としてカーリースに審査は必要です。

カーリースの仕組み
自動車ローンの場合 カーリースの場合

カーリースの審査項目

カーリースの審査項目

どのリース会社でも審査は必須ですが、審査基準はリース会社によって異なります。

信販会社からの情報を得て審査をしている会社もあれば、独自で情報収集を行っているリース会社もあります。各社で審査基準や審査項目にほとんど違いはありません。

それでは、審査基準を内容について見ていきます。

審査基準 内容
収入 年収がどのくらいなのか?
信用情報 自己破産や借入の延滞などを過去にしていないか?
職業 どのような職種なのか?
勤続年数 今の仕事をどのくらいしているか?
債務履歴 住宅ローンやフリーローンなどがないか?

その他に契約書に記載された事項に対して、虚偽申告をしていないことが確認されます。

審査のポイントとして抑えておくべきところとは?

審査のポイントとして抑えておくべきところとは?

各項目の審査基準のポイントについてお知らせいたします。

収入

明確に収入からといってリースを利用できないというわけではありませんが、リース契約における一定の収入基準は設けられています。
一般的には年収200万円が最低限と言われますが、200万円以下の人はカーリースを利用できないと決まっているわけはありません。

例えば、「連帯保証人がつけられる」「担保物件がある」といった条件が存在する場合は、審査が有利に働くこともあります。もしご不安があれば、お気軽にご相談ください。

職種

収入同様、審査でチェックされるのは職種です。カーリースの場合「この職種が審査に通りやすい」という判断はしません。例えば、大企業に勤めていても雇用形態が非正規などであれば、安定した職種とは判断されにくく、審査では不利になることもあります。

金融機関の利用履歴

審査の際は、金融機関のキャッシングやフリーローンなど利用履歴を確認します。「年収に対しどのくらいの比率を返済していたか」「支払いの延滞はないか」「リース料を支払うことは可能か」など過去の履歴から現在までの利用状況をもとに審査を行い、リース料を支払えるだけの責任能力があるか判断します。

利用履歴だけでなく、税金の滞納や当座貸越(自動融資)をつけていると、審査に不利な条件となることもあります。

審査にはどのくらい時間がかかるのか?

カーリースは、ほとんどのリース会社で24時間365日ネット申し込みに対応しています。審査は申し込みを完了してから早くて数時間、場合によっては数日経っても連絡がないこともあるのです。

「審査の結果の連絡がない=審査に落ちた」ではなく、合否のどちらでも結果連絡は必ずきます。

カーリースの審査落ちの傾向

カーリースの審査落ちの傾向

前述で紹介をしたように、リース会社は一定の審査基準を設けています。この基準をクリアできていれば、基本的には審査落ちすることはありませんが、思わぬところで審査基準に満たないケースも存在します。

審査を受ける前に、心当たりはありませんか?

  1. クレジットカードやローンの支払いが遅延したことがある。もしくは返済できていない
  2. 債務整理など、過去に金融事故を起こしている
  3. 多重申込みをしている
  4. 審査内容で虚偽の申告をしている
  5. リース会社からの連絡をすべて無視している。

審査に不安がある人でも安心して利用できるクルカの新サービス norucaはこちら

ノルカ 自動車ローンに通らなかった方も安心!!遠隔管理可能なデバイスMCCSを搭載。審査の不安を解消し、格安で安心して利用できるカーリースです。審査通過率95% ノルカ 自動車ローンに通らなかった方も安心!!遠隔管理可能なデバイスMCCSを搭載。審査の不安を解消し、格安で安心して利用できるカーリースです。審査通過率95%

収入が基準に満たない。もしくは収入が安定しない

勤続年数が1年未満の場合、収入が安定しないと判断されることがあります。その他にフリーターや非正規雇用の人も労働時間によって収入が変わるため、審査が厳しくなることがあります。

クレジットカードやローン、税金の支払い遅延

ローンの支払いや税金の支払い状況は、審査情報としてリース会社にあがってきます。複数社のクレジットカード払いをしている人や給料日間近で残高不足が続き税金や携帯料金などの支払いが遅延している人は要注意です。

また、当座貸越を設定している人は、現金入金をしなくてもある程度の支払いは遅延することがありません。しかし、通帳はマイナスの状態が続いているため、審査の時に負債とみなされ、審査が落ちることもあります。

書類不備がある

リース会社にとって、審査をするために利用者から提出された書類は重要な資料となります。この書類に不備や年収や勤務年数などに虚偽の申告があると、審査落ちすることがあります。

このようなケースでリースの審査が落ちることも

リースの審査が落ちた事例

既にカーリースを利用していて、リース期間が残り半年を切った。

とある月のリース料金の支払いが間に合わなかったことで、支払い能力が不十分と判断され、信用情報に問題が発生。その結果、次回のリース契約の審査落ちにつながった。

リースの審査に落ちた時の対応

リースの審査に落ちた時の対応

仮に、審査に落ちたとしても、すぐに状況を変えることはできません。審査に落ちたということは、前述にある審査基準のどれかを満たしていなかったということの示しています

それではリースの審査に落ちた時の対処法についてみていきましょう。

リース車を再検討する

カーリースは、一般的な車から高級車までさまざまな車種をリースすることができます。しかし、年収と釣り合わないリース車を申し込むと「収支がアンバランスで支払い能力に欠けるのでは?」と判断される恐れがあるのです。リース料を支払ってもバランスのとれる収支が可能なリース車を再検討しましょう。

負債を精算する

クレジットカードや税金、携帯電話料金の支払い遅延や延滞の履歴があると当然審査には通りません。不払いが残っている場合は、精算が必要です。

事前に信用情報を把握しておく

自己破産や私財を精算したなど、お金に関しての負の出来事は覚えているはずです。しかし「キャッシングでの返済をせずに放置している」「マイナスの通帳を放置し続けている」といったことを些細な出来事と判断していた場合、知らない間に信用情報のブラックリストに挙げられている可能性もあります。

審査をする前に気がかりなことがある時は、事前に自分の信用情報を把握する必要があります。

  • CIC(割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関)
  • JICC(指定信用情報機関 株式会社日本信用情報機構)
  • JBA(全国銀行個人信用情報センター)

上記の機関は、信販会社が情報収集をするための機関です。これらの機関で、自分の信用に関する情報を知ることができます。

審査に落ちた場合、改めて申し込みできる?

審査に通らなかったとは言え、ずっとカーリースを利用できないことはありませんが、審査の直後に再度申し込みをしても審査結果は変わりません。リース会社から連帯保証人をつけるよう提案があった場合、その指示に従えば審査に通るケースもあります。

審査結果については保証会社の判断となるため、クルカでのリースをご検討されている方は是非1度お申込みをしてみてください。

クルカではオートローン、リースの審査に不安がある方向けの新しいカーリースサービスを始めました。
審査に不安がある人でも安心して利用できるクルカの新サービス noruca

ノルカ 自動車ローンに通らなかった方も安心!!遠隔管理可能なデバイスMCCSを搭載。審査の不安を解消し、格安で安心して利用できるカーリースです。審査通過率95% ノルカ 自動車ローンに通らなかった方も安心!!遠隔管理可能なデバイスMCCSを搭載。審査の不安を解消し、格安で安心して利用できるカーリースです。審査通過率95%

条件・用途から車を選ぶ

お問い合わせ

私達にお任せください!

分かりやすく丁寧にご案内いたします!

PAGETOP