アルファードSCパッケージの特徴

ミニバン市場において、圧倒的な人気を誇るトヨタのアルファード。押し出し感の強い個性的なルックスに高級感満点のインテリア、ミニバンファン憧れの一台としてトヨタのミニバンの頂点に君臨しています。

アルファードはそのグレードラインナップが幅広いことで知られていますが、その中でもアルファードらしい高級感を味わえ、さらにコスパ的にも優れファミリーカーにも適していると人気を集めているのが「アルファード S“Cパッケージ”」です。いったいどんな点が魅力なのか、コスパに優れているというのは間違いないのでしょうか。

1

アルファードS“Cパッケージ”の概要

アルファードには数え方にもよりますがおよそ17ものグレードが用意されています。そして、その価格は最もリーズナブルなXグレード・2WDガソリンエンジン車の359万7,000円~最高額はエグゼクティブラウンジSグレード・ハイブリッド・E-Four(4WD)の775万2,000円までと、非常に幅広い設定となっています

同じクルマなのに、エントリーグレードと最上級グレードの価格差はなんと倍以上です。もちろん装備などにそれだけの違いがあるということなのですが、ここまで幅広いとどのグレードを選ぶべきかの最適解を導き出すのは簡単ではありません。

しかし、アルファードのグレード選びで、多くの方のニーズにおそらくマッチするのではないかと言われているのが「S“Cパッケージ”」です。

ポイントはエクステリアとインテリアの装備、そしてセカンドシートの仕様です。S“Cパッケージ”は2.5L直4エンジンを搭載する、アルファードの中ではミドルグレードです。しかし、ホイールやタイヤ、エアロパーツ、インテリアの装備などが3.5L V6エンジンを搭載する上級グレード「SC」と同等。

それでいて価格は2WDモデルなら4,681,600円と、SCの5,277,600円に比べると596,000円も安いのです。そういったポイントが高く評価され、アルファードの中でも特に人気の高いグレードとなっているのです。

2

S“Cパッケージ”
エクステリアの特徴

アルファードには大きく分けて標準ボディとエアロボディという2つボディタイプがあります。多くのアルファードオーナーが求めるのは当然スタイリッシュなエアロボディのほうではないでしょうか。

そしてS“Cパッケージ”はフロントバンパー+リヤバンパー+サイドマッドガードなどの専用エアロパーツがはじめから装着されたミドルグレードです。

ミドルグレードながらタイヤとホイールは3.5L V6エンジンを積むSCと同じサイズとデザインで、235/50R18のタイヤと、18×7J(切削光輝・ブラック塗装)のアルミホイールが標準装備となっています。

さらにハイ・ロービーム/オートレベリング機能付の3眼LEDヘッドランプ(ブラックエクステンション)やLEDシーケンシャルターンランプ、そしてLEDコーナリングランプなどといった豪華なアイテムがフル搭載です。
アルファードらしい、スポーティなゴージャスなエクステリアという魅力を持ちながら、比較的リーズナブルな価格で手に入るのですからこれは注目せずにはいられませんよね。

3

S“Cパッケージ”
インテリアの特徴

エクステリアだけでなくインテリアも装備が充実していてとてもゴージャスな仕立てとなっています。ステアリングは本革巻+メタルウッド加飾が施された高級感あるもので、インパネ周りやドアトリムなどもメタルウッド+スパッタリング仕様となっています。

そしてシートの表皮には質感の高い合成皮革が使用されており、さらに特筆すべきが2列目シートが上級グレードと同等の豪華仕様のエグゼクティブパワーシートとなっていることでしょう。

これは、エントリーグレードのSグレードやXグレードにはない高級感満点のパワーシートで、ロングスライドやパワーリクライニング、パワーオットマンに角度調整式大型ヘッドレスト、そして大型アームレストが装備された豪華仕様のシートです。

後席の広々した空間に、そんな贅沢なセパレートタイプのシートが余裕をもって配置されていて、たっぷりとしたクッションの座り心地も最高です。

シートのリクライニングは水平から89度まで可能で500㎜のロングスライド機能も搭載。さらにオットマンも装備しているので、身体を伸ばしつつリラックスした姿勢をとることができます。

さらに、キャプテンシートなので3列目へのウォークスルーができるという点も大きな特徴。最上級グレードのエグ ゼクティブラウンジシートだと、ひじ掛け部分が大きくウォークスルーはできません。

その点エグゼクティブパワーシートなら、豪華かつウォークスルーも可能という点で利便性も高い。後席の使用頻度の高いファミリードライバーならそういった点も見逃せないところではないでしょうか。

4

S“Cパッケージ”
標準装備

今や装備されるのが当たり前の予防安全機能としては、ミリ波レーダー+単眼カメラ方式を使ったプリクラッシュセーフティ(歩行者、自転車運転者検知機能付衝突回避支援タイプ)や、レーントレーシングアシスト。全車速追従機能付のレーダークルーズコントロールにロードサインアシストにアダプティブハイビームシステムがセットになった「Toyota Safety Sense」が標準装備です。

加えて先行車発進告知機能やパーキングサポートブレーキ、バックガイドモニターも搭載されています。

他にもUVカット&撥水機能付きウインドーや、後席用サンシェード、運転席8ウェイパワーシートなど装備の数々は贅沢そのもの。

ミドルグレードながら、足元照明付のイルミネーテッドエントリーシステムやAC100Vアクセサリーコンセントといった上級グレードと同等の装備が標準で搭載されているというのもS“Cパッケージ”の特徴といえるでしょう。

5

S“Cパッケージ”エンジン性能について

S“Cパッケージ”に搭載されるパワーユニットは2.5L直4ガソリンエンジンのみです。パワーは134kW(182PS)/6,000rpmで、トルクは235N・m(24.0kgf・m)/4,100rpmと、2tの車重に対して余裕たっぷりとはいえませんが十分な性能です。

トルクも235N・mと十分なので、高速道路での加速もストレスはないでしょう。気になる燃費もWLTCモード燃費10.6㎞/Lと、ハイブリッドほどではありませんが、Lクラスミニバンという車格から考えれば決して悪くありません。

6

まとめ

人気の高いアルファードのグレードの中でも、特に幅広い層から支持を集めているのが「S“Cパッケージ”」。詳しく調べてみると魅力的なエクステリアとインテリア、さらに充実した装備を持ちながら、価格も比較的リーズナブル。アルファードらしい豪華さが存分に味わえる上コスパに優れているのですから人気なのも当然といえるでしょう。

アルファードのグレード選びに迷っている方はまずこの「S“Cパッケージ”」に注目してみてはいかがでしょうか。存分に国内最高級ミニバンらしい豪華さが味わえるはずです。

アルファードグレードの特徴

トヨタアルファード

総支払額

179 万円税込

1,792,800

頭金0

ボーナス0

月々定額

336

49,800税込

トヨタアルファード

新車リースクルカアルファード

見積シミュレーション

alphard X 2WD

月々定額

43,800税込

支払総額1,433,474

  • 排気量2,000cc
  • 定員5人乗り
  • 燃費(WLTC)14.7km/L

グレード

燃料タイプ

駆動方式

選択可能カラー

内装

素材 / カラー

ファブリック+合成皮革/ブラック

装備

純正ナビ

オーディオ

ETC装備

カメラ関連

ドライブレコーダー

安全性能

安全装備

Toyota Safety Sense

エクステリア

  • 全長

    4740mm

  • 全幅

    1855mm

  • 全高

    1660mm

  • タイヤサイズ

    225/55R19

  • ホイールサイズ

    19インチ

エアロ

ドアバイザー

メーカーオプション

特殊装備

寒冷地仕様

ナンバー

希望ナンバー

クルカ指定標準オプション

  • フロアマット
  • 調光パノラマルーフ
  • パノラミックヴューモニター

頭金・ボーナス払い

頭金

ボーナス払い(年2回)の一回分

ご契約内容

  • 契約期間

    3年(36回払い)

  • 規定走行距離

    36,000km

    規定走行距離とは?

    クルカでは、ご契約中の走行距離を1年間あたり12,000kmで計算しております。よってご契約は3年となりますので36,000kmになります。この走行距離以内でご利用いただくことで、表示価格でご利用いただくことができます。走行距離をオーバーする場合はお車返却時に超過分のご精算となります。

    ご精算例
    オーバーした距離が4,000kmとなった場合、超過距離(4,000km)×精算単価(10円/km:税抜)となり、税抜40,000円のご精算となります。

この見積内容で

お申し込み

新型コロナウイルス感染拡大等に伴うメーカー側の部品供給不足による生産計画の度重なる見直しにより、お待ちいただいているお客様にはご迷惑、ご不便をおかけしております。

この度、クルカは新型コロナウイルスによる中古車市場動向の変化・車両に関するコスト増大に伴い、2022年2月21日時点で価格見直しを行いましたことお知らせいたします。

2022年2月20日時点までにご契約がお済の方に置かれましてはご案内している価格にてご対応をさせていただきます。

また、市場動向及びコスト調整を行う可能性がございます。

何卒ご了承のほどよろしくお願いいたします。

株式会社クルカ
2022年2月21日

コロナウィルス感染の拡大並びに世界的な半導体不足により、現在、多くの車種でメーカーの生産遅れが発生しております。そのため新車販売業界全般においてご納車までにお時間を頂いております。

既にご注文をいただいたお客様におかれましても、当初予定をしておりました納期に間に合わない場合がございます。また、現在車両のご契約をご検討中のお客様におかれましては、車両のお届けに通常以上にお時間を頂戴する場合がございます。

ご納車にお時間をいただいているお客様にはご迷惑をおかけして申し訳ございませんが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

アルファード関連コラム

関連コラム一覧

よくあるご質問

よくあるご質問一覧

条件・用途から車を選ぶ

お問い合わせ

私達にお任せください!

分かりやすく丁寧にご案内いたします!

PAGETOP