ハリアーSグレードの特徴

コスパ最高のねらい目グレード
ハリアーSグレード

スタイリッシュかつラグジュアリーなクロスオーバーSUVとして、トヨタブランドのSUVの中でも随一の人気を誇るのがハリアーです。多くの方にとってハリアーは、そのプレミアムカーのイメージ通り車両価格の高い高級車というイメージがあるでしょう。しかし、実はハリアーにも300万円を切るお買い得なグレードも用意されているのです。それがSグレード。

このハリアーのSグレードですが、単にそのリーズナブルな価格が魅力的なだけでなく、機能や性能的にも実は完成度の高い一台という声も少なくありません。そこで、実際のところどうなのかハリアーのSグレードのスペックや装備などについてあらためて細かく検証してみましょう。

1

ハリアーSグレードはどんなグレードなのか

ハリアーは、ラグジュアリーなクロスオーバーSUVの先駆者として世界的にも高い人気を誇ります。現行モデルは4代目にあたり、2020年6月に発売されたトヨタの中でも最新の車です。

クロスオーバーSUVながら、都会的なクーペのようなスタイリッシュなデザインを持ち、またインテリアも高級感満点。さらに、スペックも充実していてもちろんトヨタ自慢のハイブリッドも設定されています。

歴代モデルはいずれも大ヒットしてきましたが現行の4代目モデルも登場直後から注目を浴び、現在は多くのバックオーダーを抱えるほどの人気車となっています。

車両価格は2,900,000~5,040,000円で最上級グレードのZレザーパッケージになると500万円オーバーとかなりの高額。しかし、エントリーグレードという位置づけのSグレードのガソリンFFモデルであれば、その価格は2,990,000円となります。最上級グレードよりもなんと200万円以上もリーズナブル。

それでいてその中身は高級SUVハリアーにふさわしい内容となっている、ということで、実はハリアーのSグレードはコスパが最高のねらい目グレードなのではないかとひそかにハリアーファンから注目されているのです。では実際のところ、それほど魅力的なのか、そのスペックや装備はどうなっているのかチェックしてみましょう。

2

Sグレードの
エクステリアの特徴

まず、エクステリアに関してですがハリアーSグレードは最上級グレードと見た目に大きな差はありません。ボディサイズは全長4,740㎜×全幅1,855㎜×全高1,600㎜と、こちらも全くいっしょです。

上級グレードと、Sグレードのエクステリアの違いにですが、細かく見てみると、まずヘッドライトが違っています。特徴的なプロジェクター式LEDヘッドランプではなく、普通の3灯式LEDヘッドランプとなっています。

しかし、LEDですから、非常に明るくその機能や見た目も十分魅力的です。ほかにはLEDフロントフォグランプが標準で装着されずディーラーオプションとなっています。

ぱっと見で分かりやすい違いとしてはホイールとタイヤのサイズでしょうか。Sグレードは、タイヤが225/65R17とサイズが少し小径(上級グレードに比べればですが)になり、また、ホイールも17×7Jアルミホイール(シルバー塗装)インチサイズは小さめです。とはいえさすがハリアー、エントリーグレードでもアルミホイールが標準となっているのはポイントです。そのホイールデザインも非常にスタイリッシュです。

他には前後のバンパーのメッキガーニッシュが省かれていることや、アウトサイドドアハンドルもメッキではなくカラードになっている点が違いでしょう。

このように細かくチェックすると違っている点は意外に少なくありませんが、それでもSグレードがチープに見えるということはありません。あくまで上級グレードと並べて詳細に比べると違いが分かる、といったレベル。ハリアーSグレードのそのエクステリアは、堂々とした高級クロスオーバーSUVにしか見えません。

3

エントリーグレードながら
高級感あるインテリア

インテリアはどうなっているのか。まず、シート地はファブリックですが堂々としたサイズで座り心地も満点です。前席はパワーシートではなくマニュアル式ですが、6ウェイの調整機能を持ちシンプルな操作で素早くポジション設定ができます。それに、見た目には違いは分かりません。

ステアリングも高級感のある本革巻き3本スポークステアリングホイールです。上級グレードのようなメッキ加飾ではないですが、シルバー塗装となっていて見た目はとても上質。そのほか、他のグレードでは施されているステアリングスイッチのピアノブラック塗装がなくなる点も違いといえるでしょう。

エアコンはもちろんSグレードもフルオートです。高級SUV ですので当然ですね。ただし、ヒーターコントロールパネルは静電タッチタイプではなく、一般的なダイヤル式になります。

メーターにはマルチインフォメーションディスプレイが装備されますが、4.2インチ(上級グレードは7.0インチ)とちょっと小さめ。メーターリングがシルバー塗装となっているのも違いといえるでしょう。

4

充実した標準装備の内容

アルミホイールやリヤルーフスポイラー、さらに、フルオートエアコンに対応の8インチディスプレイオーディオ(Apple CarPlayやAndroid Auto対応)なども標準装備です。エントリーグレードとは思えないとても充実した内容ですね。

また、プリクラッシュセーフティやレーントレーシングアシスト、全車速追従機能付レーダークルーズコントロールが備わった先進安全装備のToyota Safety Senseも当然のごとく標準装備となっています。

さらに、話題となった前後方録画機能付デジタルインナーミラーに関してもメーカーオプションですが追加が可能。とても2,990,000円のエントリーグレードとは思えない内容です。やはりコスパで考えると、Sグレードは相当にお得なグレードといっていいでしょう。

5

Sグレードのパワーユニットの性能は?

Sグレードにはガソリンエンジンとハイブリッドが設定されていますが、2,990,000円となっているのはガソリンエンジンでFFのSグレードです。搭載されるエンジンは2Lの4気筒のM20A-FKS型エンジンとなっています。

エンジンのスペックはパワーが126kW(171PS)で、トルクが207N・m(21.1kgf・m)。2LのNA(ノンターボ)エンジンとしてはとてもパワフルで、高速道路でもストレスのない走りが味わえるでしょう。

また、トルクも207N・m もあるので、加速性能も期待できます。街中からちょっとしたオフロード、高速道路まで、スポーティな走りが楽しめるのではないでしょうか。

気になるWLTCモード燃費は15.4㎞/Lです。さすがにハイブリッドにはかないませんが、それでも1.6tというその車重とエンジンパワーから考えると決して悪くありません。むしろ余裕ある走りが味わえ、それでこの燃費が得られるのなら大満足ではないでしょうか。

6

クルカでリースできる
ハリアーのグレードは?

現在大人気でバックオーダーを多数抱えているといわれているハリアーですが、クルカではそんな人気のハリアーのリース車に以下のような豊富なグレードをご用意しています。

S(2WD)
S(4WD)
Z(2WD)
Z(4WD)
Z leather package(2WD)
Z leather package(4WD)

今回ご紹介した、ガソリン車のエントリーグレードS(2WD)ももちろんご用意しています。Sグレードであれば3年リースで月々32,800円〜(税込)というとても魅力的なプランで乗ることが可能となっています。

7

まとめ

ハリアーは国産高級SUVの代表ともいえる存在であり、そのため車両価格もそれなりに高額です。しかし、ご紹介したようにエントリーグレードのSなら、十分手の届く価格設定となっています。

加えて、装備やエクステリアのデザインなども、十分すぎるほどの内容を持ち、エントリーグレードであっても、高級SUVならではの優越感を味わえることは間違いありません。

そんな、コスパ最高のハリアーSグレードに、もっとお得に、賢く乗りたいのであれば、購入もいいですがぜひカーリースクルカのご利用を検討してみてください。軽い負担で国産クロスオーバーSUVの最高峰、ハリアーに乗ることが可能です。

ハリアーグレードの特徴

トヨタハリアー

総支払額

132 万円税込

1,324,800

頭金0

ボーナス0

月々定額

336

36,800税込

トヨタハリアー

新車リースクルカハリアー

見積シミュレーション

alphard X 2WD

月々定額

43,800税込

支払総額1,433,474

  • 排気量2,000cc
  • 定員5人乗り
  • 燃費(WLTC)14.7km/L

グレード

燃料タイプ

駆動方式

選択可能カラー

内装

素材 / カラー

ファブリック+合成皮革/ブラック

装備

純正ナビ

オーディオ

ETC装備

カメラ関連

ドライブレコーダー

安全性能

安全装備

Toyota Safety Sense

エクステリア

  • 全長

    4740mm

  • 全幅

    1855mm

  • 全高

    1660mm

  • タイヤサイズ

    225/55R19

  • ホイールサイズ

    19インチ

エアロ

ドアバイザー

メーカーオプション

特殊装備

寒冷地仕様

ナンバー

希望ナンバー

クルカ指定標準オプション

  • フロアマット
  • 調光パノラマルーフ
  • パノラミックヴューモニター

頭金・ボーナス払い

頭金

ボーナス払い(年2回)の一回分

ご契約内容

  • 契約期間

    3年(36回払い)

  • 規定走行距離

    36,000km

    規定走行距離とは?

    クルカでは、ご契約中の走行距離を1年間あたり12,000kmで計算しております。よってご契約は3年となりますので36,000kmになります。この走行距離以内でご利用いただくことで、表示価格でご利用いただくことができます。走行距離をオーバーする場合はお車返却時に超過分のご精算となります。

    ご精算例
    オーバーした距離が4,000kmとなった場合、超過距離(4,000km)×精算単価(10円/km:税抜)となり、税抜40,000円のご精算となります。

この見積内容で

お申し込み

新型コロナウイルス感染拡大等に伴うメーカー側の部品供給不足による生産計画の度重なる見直しにより、お待ちいただいているお客様にはご迷惑、ご不便をおかけしております。

この度、クルカは新型コロナウイルスによる中古車市場動向の変化・車両に関するコスト増大に伴い、2022年2月21日時点で価格見直しを行いましたことお知らせいたします。

2022年2月20日時点までにご契約がお済の方に置かれましてはご案内している価格にてご対応をさせていただきます。

また、市場動向及びコスト調整を行う可能性がございます。

何卒ご了承のほどよろしくお願いいたします。

株式会社クルカ
2022年2月21日

コロナウィルス感染の拡大並びに世界的な半導体不足により、現在、多くの車種でメーカーの生産遅れが発生しております。そのため新車販売業界全般においてご納車までにお時間を頂いております。

既にご注文をいただいたお客様におかれましても、当初予定をしておりました納期に間に合わない場合がございます。また、現在車両のご契約をご検討中のお客様におかれましては、車両のお届けに通常以上にお時間を頂戴する場合がございます。

ご納車にお時間をいただいているお客様にはご迷惑をおかけして申し訳ございませんが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

ハリアー関連コラム

関連コラム一覧

よくあるご質問

よくあるご質問一覧

条件・用途から車を選ぶ

お問い合わせ

私達にお任せください!

分かりやすく丁寧にご案内いたします!

PAGETOP