ヴォクシーS-Zグレードの特徴

2022年1月13日、トヨタのベストセラーミニバン、ヴォクシーがフルモデルチェンジを実施しました。新型となりそのスタイリングがさらに迫力あるものに進化したことが大きな話題となっていますが、ほかにも先代モデルに比べてグレード構成が非常にシンプルとなったことでも注目を集めています。

「S-Z」と「S-G」の実質2つのグレードのみとなった新型ヴォクシーですが、人気の高いのはやはり上級グレードの「S-Z」とのこと。では一つ下の「S-G」とは価格やエクステリア、さらに標準装備内容などどのような違いがあるのでしょう。

1

新型ヴォクシー
S-Zグレードの概要

新型ヴォクシーのグレードは、ハイブリッド車の「S-Z」と「S-G」、そしてガソリン車の「S-Z」、「S-G」というパワーユニット別にそれぞれ2グレードずつが設定されています。

スタイリング的にはエアロボディのみで、ノーマルボディはありません。そして「S-Z」が装備の充実した上級グレードという位置づけで「S-G」がエントリーグレード(装備的には十分充実していますが)というとてもシンプルな構成です。

他の違いとしては「S-Z」は7人乗りのみしか選べませんが、「S-G」は7人乗りか8人乗りかを選ぶことが可能ということ。そして価格は「S-G」の2WDガソリンエンジンが最もリーズナブルな価格でこちらが3,090,000円。逆に最も高価なのが最上級グレードとなる「S-Z」の4WD(E-Four)ハイブリッドで3,960,000円です。

2

エクステリアの特徴

全グレードがエアロボディとなっているヴォクシーは大型グリルを配した分厚いフロントマスクが非常に特徴的です。

大きく口を開けたかのような迫力あるフロントグリルにボリューム感あるフェンダー、そして重厚感を感じさせるリアまわりのデザインなど、すべての面でエクステリアが大きく進化しています。

Mクラスミニバンなので、用途としてはファミリー向けのミニバンということにはなりますが、そのクールでシャープなスタイリングは実に格好よく、上級のアルファードやヴェルファイアにも負けていないでしょう。

さらに「S-Z」は足回りもボリューム満点。2WDグレードのアルミホイールは大口径の17インチで切削光輝+グレーメタリック塗装(4WDは16インチのミディアムグレーメタリック塗装)というエクステリアにマッチしたクールな仕様です。

さらに、ウインドウの下を前後に走るドアベルトモールディングにステンレス加飾が施されるなどティテールもとても凝っています。

さらに、表情をクールに演出するのがフロントグリル下に内蔵されるLED薄暮灯(左右に5つずつ並ぶひし形のライト)です。こちらが標準装備となるのは「S-Z」のみ。S-Gグレードには装備されていません。点灯するととても目を引くポイントになります。

その他のエアスパッツ(フロント)、フロントバンパー、リヤバンパー、サイドマッドガードといったエアロパーツや、フードモールディングやバックドアガーニッシュ 、リヤスポイラー 、カラードアウトサイドドアハンドル、さらに電気式バックドアハンドルなどすべて標準装備となっており、さすがに上級グレード全てが高級感満点の仕立てとなっています。

3

インテリアの特徴

さすがに上級グレードです。インテリアも高級感があって、その装備も大変充実しています。まず、シート表皮は上質な合成皮革にファブリックを組み合わされたものが採用されています。

シートのサイドに合成皮革を使用していて、中央にファブリックが使われているのですが、そのコントラストがとても上質な雰囲気を醸し出しています。素材をうまく使い分けることで肌触りもいい高級車のような上質な座り心地も実現しているのでしょう。

さらに「S-Z」の運転席と助手席には快適温熱シート機能が標準装備(S-Gグレードはセットオプション)となっています。加えてキャプテンタイプのセカンドシートには、カップホルダーや2つのUSB端子を内蔵した折りたたみ式の大型サイドテーブルが装備されており特等席のよう快適さが味わえます。

また、合成皮革はシートだけでなくインパネアッパーオーナメントやインパネオーナメントにも使われていて、乗り込んだときに視覚的にも高級感を感じさせるインテリアの仕立てとなっています。さすが最上級グレード。

内装色はブラックのみですが、合成皮革を随所に使ったクールなヴォクシー「S-Z」のインテリアには、落ち着いたブラックがぴったりといえるでしょう。

4

S-Zグレードの標準装備

メーター周りにはオプティトロンメーターと7.0インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ、さらにコネクテッドナビ(オプション)対応のディスプレイオーディオ(8インチHDディスプレイ搭載)と6スピーカーが標準装備となっています。

190,300円を追加するとオプションのフルセグテレビチューナー搭載の10.5インチ液晶を搭載したコネクテッドナビ対応のディスプレイオーディオ+12スピーカーにグレードアップすることも可能ですが、このオプションは「S-Z」のみの設定です。

エアコンは左右独立温度コントロールのフロントオートエアコンとリヤオートエアコンという組み合わせが標準搭載。

他には、プリクラッシュセーフティ(歩行者[昼夜]・自転車運転者[昼夜]・自動二輪車[昼]検知機能付衝突回避支援タイプ/ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)や、レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)などがセットとなった予防安全機能の「Toyota Safety Sense」も標準装備です。

そして、プロジェクター式LEDヘッドランプがオプション装備として選ぶことのできる「S-Z」では、アダプティブハイビームシステムもセットオプションとして装備が可能となっています。

5

エンジン性能について

パワーユニットはグレードによる違いはありません。「S-Z」も「S-G」もパワーユニットはガソリン車が2Lの「M20A-FKS」で、ハイブリッド車が1.8Lガソリンエンジン+モーターの「2ZR-FXE」です。

ガソリンエンジンのパワーは170PS(125kW)。152PSだった先代ヴォクシーよりもパワーアップしています。そして、ハイブリッドもガソリンエンジンエンジンの98PS(72kW)と走行用モーター95PS(70kW)を組み合わせとなっていて、こちらもパフォーマンスが先代よりも向上しています。

車両重量は先代に比べると40㎏ほど増加していますが、どちらもパワーは十分以上。街中でも、高速道路でも、きびきびとした加速可能で、余裕ある走りが間違いなく味わえるはずです。

気になるWLTCモード燃費ですが、「S-Z」のガソリン・2WDが15.0km/L、「S-Z」ハイブリッド車・2WDが23.0km/Lとなっています。車重1.7t近い(車両総重量だと2tオーバー)ミニバンで、23.0km/Lというコンパクトカー並みの燃費は驚くほどの低燃費です。

6

まとめ

新型ヴォクシーのグレード構成はとてもシンプルです。駆動方式の違いを除けば「S-Z」と「S-G」という基本2種類しかありません。どちらも基本的な装備が充実しているので「S-G」でも不満を感じることはないはずです。

しかし、人気に関してはより装備の充実した「S-Z」にどうやら集中しているようです。大径ホイールやステンレス加飾のモール、LED薄暮灯といってディテールの上質感や、合成皮革を使った豪華なインテリアの仕立て、さらに快適温熱シートやエアコンなどの快適装備の違いなどを考えると「S-Z」がより魅力的に見えるのは確かです。

「S-G」との価格差は30万円ほどと決して小さくありませんが、あとでオプションを追加することを考えると長い目で見ればむしろお買い得といえるかもしれません。

のちのちのリセールバリューもおそらく「S-Z」のほうが有利になるでしょう。もし予算に余裕があるのならば、「S-Z」を選んだほうが賢明といえるかもしれません。

ヴォクシーグレードの特徴

トヨタヴォクシー

総支払額

125 万円税込

1,252,800

頭金0

ボーナス0

月々定額

336

34,800税込

トヨタヴォクシー

新車リースクルカヴォクシー

見積シミュレーション

alphard X 2WD

月々定額

43,800税込

支払総額1,433,474

  • 排気量2,000cc
  • 定員5人乗り
  • 燃費(WLTC)14.7km/L

グレード

燃料タイプ

駆動方式

選択可能カラー

内装

素材 / カラー

ファブリック+合成皮革/ブラック

装備

純正ナビ

オーディオ

ETC装備

カメラ関連

ドライブレコーダー

安全性能

安全装備

Toyota Safety Sense

エクステリア

  • 全長

    4740mm

  • 全幅

    1855mm

  • 全高

    1660mm

  • タイヤサイズ

    225/55R19

  • ホイールサイズ

    19インチ

エアロ

ドアバイザー

メーカーオプション

特殊装備

寒冷地仕様

ナンバー

希望ナンバー

クルカ指定標準オプション

  • フロアマット
  • 調光パノラマルーフ
  • パノラミックヴューモニター

頭金・ボーナス払い

頭金

ボーナス払い(年2回)の一回分

ご契約内容

  • 契約期間

    3年(36回払い)

  • 規定走行距離

    36,000km

    規定走行距離とは?

    クルカでは、ご契約中の走行距離を1年間あたり12,000kmで計算しております。よってご契約は3年となりますので36,000kmになります。この走行距離以内でご利用いただくことで、表示価格でご利用いただくことができます。走行距離をオーバーする場合はお車返却時に超過分のご精算となります。

    ご精算例
    オーバーした距離が4,000kmとなった場合、超過距離(4,000km)×精算単価(10円/km:税抜)となり、税抜40,000円のご精算となります。

この見積内容で

お申し込み

新型コロナウイルス感染拡大等に伴うメーカー側の部品供給不足による生産計画の度重なる見直しにより、お待ちいただいているお客様にはご迷惑、ご不便をおかけしております。

この度、クルカは新型コロナウイルスによる中古車市場動向の変化・車両に関するコスト増大に伴い、2022年2月21日時点で価格見直しを行いましたことお知らせいたします。

2022年2月20日時点までにご契約がお済の方に置かれましてはご案内している価格にてご対応をさせていただきます。

また、市場動向及びコスト調整を行う可能性がございます。

何卒ご了承のほどよろしくお願いいたします。

株式会社クルカ
2022年2月21日

コロナウィルス感染の拡大並びに世界的な半導体不足により、現在、多くの車種でメーカーの生産遅れが発生しております。そのため新車販売業界全般においてご納車までにお時間を頂いております。

既にご注文をいただいたお客様におかれましても、当初予定をしておりました納期に間に合わない場合がございます。また、現在車両のご契約をご検討中のお客様におかれましては、車両のお届けに通常以上にお時間を頂戴する場合がございます。

ご納車にお時間をいただいているお客様にはご迷惑をおかけして申し訳ございませんが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

ヴォクシー関連コラム

関連コラム一覧

よくあるご質問

よくあるご質問一覧

条件・用途から車を選ぶ

お問い合わせ

私達にお任せください!

分かりやすく丁寧にご案内いたします!

PAGETOP