更新日 2021.12.06(公開日 2021.12.6)

クルマ選び

クロカンとはどういう車?

クロカンとはどういう車?

クロカンという言葉を聞いて、どんな車を思い浮かべるでしょうか。荒野やゴツゴツした岩場のような、道を走る車の姿を思い浮かべる人もいるかもしれません。
日本では、オフロード走行を難なくこなせる車のことを「クロカン」や「SUV」と呼んでいます。厳密にいえば、SUVとクロカンは同じものではありませんが、両者の区別がつかないという人は多いでしょう。
そもそもクロカンとは、いったいどのような車なのでしょうか。また、SUVとの違いにはどのような点が挙げられるでしょうか。

今回はクロカンについて、SUVとの違いやクロカンが向いている人の特徴を解説していきます。

クロカンとは?

クロカンとは?
出典:https://toyota.jp/landcruiser/gallery/?padid=from_landcruiser_top_gallery_detail

クロカンは、「クロスカントリー」の略のこと。荒原や山道、森林など、大自然の中を駆け抜けるようなスポーツ競技にその名が使われているのを想像するとわかりやすいかもしれません。
車におけるクロカンもその名の通り、舗装されていない草地や山道などの悪路走行に特化して設計されています。

オフロード走行時、突出した岩場やぬかるみなどの障害物に出くわしたとき、地面をボディに接触させないよう地上高を高くしたり、凸凹の激しい道でも地面からの衝撃を直に感じさせないような設計になっていたりと、従来の車にはない“一風変わった”頑丈なつくりになっているのが特徴です。

SUVとの違い

SUVとの違い
出典:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/kicks.html

ジャンルとしてはクロカン車=SUVに分類されることもありますが、両者の決定的な違いは、フレームの構造にあります。

SUVには「モノコック構造」という、いわゆるフレームレスボディを採用しており、フレームとボディを一体化させることで軽量化を実現したうえ、外板そのものに強度を持たせたつくりになっています。しかし、ボディに衝撃が加わり車体が歪んでしまうと走行不能の状態に陥りやすいため、オフロード走行には不向きでしょう。

対してクロカンは、悪路走行における地面からの衝撃に耐えられるように、重量のある「ラダーフレーム構造」を採用。頑丈な鋼のレールをはしご状にして構成されたフレームの上に、エンジンなどのパーツを載せ、ボディを上乗せしています。
フレームが衝撃を吸収してくれるので、ボディに負担をかけずにオフロード走行ができるようになっているのがラダーフレーム構造の大きな特徴です。
しかし重量があるため街乗りでは燃費性能の悪さが目立ってしまったり、車高をあげることで重心が高くなり、バランスを崩しやすかったりといったデメリットがあります。

SUVとクロカン、どちらを選ぶのが良いかというのは、乗る人の利用シーンによって異なるでしょう。

クロカンが向いている人

クロカンが向いている人
出典:https://toyota.jp/landcruiser/gallery/?padid=from_landcruiser_top_gallery_detail

クロカンは特徴的な車なので、乗る人によっては“良さがわからない”といったことにもなりかねません。クロカンに乗って高い満足度を得られるのは、「オフロード走行の機会が多い人」といえるでしょう。

例えば、頻繁に山林や河川などのアウトドアに出かける機会が多い人や、舗装がされていない凹凸の激しい道を運転することが多い人はクロカンが向いています。
また、雪道の走行も難なくこなせるクロカンは、積雪の多い豪雪地帯に住む人にもおすすめです。オフロード走行に対応しているクロカンは、オートマ車ではなくマニュアル車を選択できる車種も多く、悪路や雪道において、よりタフな乗りこなしが可能となっています。

街乗りに留まらずアクティブに自然の中へと赴き、道なき道を走りたいアウトドア志向の人や、積雪の多い地域に住む人は、クロカンがおすすめです。

主な車種

主な車種
出典:https://toyota.jp/landcruiser/gallery/?padid=from_landcruiser_top_gallery_detail

ここで、クロカンの代表的な車種を見ていきましょう。今回は国産車から2台、外国車から1台をピックアップしました。

スズキ ジムニー/ジムニーシエラ

ジムニーといえば、国産クロカンの代表格ともいえる車種のひとつです。パートタイム4WDを採用し、軽自動車であるにもかかわらず悪路走行性を兼ね備えた力強い走りをするのが魅力となっています。

ジムニーシエラは、ジムニーを普通車規格にしたもの。軽自動車規格の660ccから、1500ccクラスへとグレードアップしたことにより、パワーに大きな差を生み出しました。
とはいえ車体の大きさは変わらず、ジムニー同様、小回りが利くのが特徴です。オフロードでは狭い道に遭遇することもあるため、ジムニーのコンパクトさが活きる場面は多いでしょう。
悪路における使い勝手の良さにこだわり抜いて作られた、日本を代表するクロカン車です。

トヨタ ランドクルーザー

ランドクルーザーは世界中、「どこへでも行き、生きて帰ってこられる」のコンセプトをもとに作られた本格的なクロカンです。2021年8月に、14年ぶりとなるフルモデルチェンジを果たし、世界中から注目を集めています。

ランドクルーザーのボディは「全長4,985mm×全幅1,980mm×全高1,925mm」と、かなりの大きめサイズ。圧倒的な存在感を放つランドクルーザーは、強靭なタフさと洗練された上質さを持ち合わせています。パワートレインは「V6ツインターボエンジン」を搭載。トランスミッションは10速ATで、緻密な変速が可能です。悪路をもろともせず、難なく走り抜ける走破性は日本だけでなく世界中の人を魅了する、ランドクルーザーならではの魅力だといえるでしょう。

ジープ・ラングラー

外国車クロカンの代表格となるジープ。もともと軍用車両として開発されたジープは、頑丈なつくりが魅力的です。
「セレクトラックフルタイム4×4システム」を採用したラングラーは、パートタイム4WDとフルタイム4WDの2つのシステムを搭載し、走行中でもレンジ切り替えが可能となっており操作性にも優れています。また、自動的に前後輪のトラクション配分を行ってくれるので、市街地走行においても4輪走行が可能かつ安定した走りを見せてくれます。
エンジンは、2.0L直列4気筒DOHCターボエンジンを搭載し、パワーと燃費性能を兼ね備え、オンロード・オフロード問わず高い走行性能を発揮してくれる実用的なクロカンです。

車種選びのポイント

車種選びのポイント

自分好みの車を選ぶことは、快適なカーライフを送る上での第一条件ともいえますが、外観のかっこよさで決めるだけでは、走行性能など機能面においてしっくりこないことがあるかもしれません。

ライフスタイルや利用シーンをよく考えて、車種ごとの特徴を理解したうえで車種選びを行うと、失敗が少なくなるでしょう。
とはいえ、自分に合った車を探すのはなかなか難しいものです。初めは良いと思って選んだ車でも、ある程度長く乗ってみたらやっぱり思っていた乗り心地と違った、ということもあるでしょう。
車種選びで失敗したくない人は、3年単位で気軽に新車に乗り換えができるクルカのカーリースがおすすめです。短期リースのクルカなら、ライフスタイルや車の用途に合わせて3年ごとに乗り換えすることができます。多様な人気車種の中から自分の好きなものを選べます。

クルカのカーリース情報はこちら

まとめ

まとめ

今回はクロカンについて、SUVとの違いやクロカンが向いている人の特徴を解説しました。クロカンが向いているのは、オフロード走行の機会が多い人です。どんな道でも動じず、力強い走破性を見せてくれるクロカンは、悪路を走行する機会が多い人にとって頼れる一台となるでしょう。

決して万人向けとはいえないクロカンですが、その性能を必要とする人にとっては、なくてはならない存在ともいえるのではないでしょうか。

車選びで失敗したくない人やいろんな車種を試してみたい人は、3年リースのクルカを検討するのもおすすめです。税金・車検がコミコミのカーリースを活用して、自分にとって最適な一台を探してください。

この記事をシェアする

この記事の執筆者

関 秀紀

クルカ営業部、リーダーの関 秀紀です。大学卒業後に某大手自動車メーカー系のリース会社を経て、クルカに入社。 リースキャリアは前職から合わせて5年。普段は営業職としてお客様に最適な車選びをご提案しています。 前職時代には保険人募集の資格を取得。自動車保険の提案も経験しており、安心・安全なカーライフのサポート。車選びと保険の相談はぜひの関までご連絡ください! 一人ひとりのお客様に良いご提案ができるようがんばります。

関連コラム

条件・用途から車を選ぶ

お問い合わせ

私達にお任せください!

分かりやすく丁寧にご案内いたします!

PAGETOP