更新日 2021.04.26(公開日 2020.7.30)

カーリース

カーリースの仕組みについて

カーリースの仕組みについて

これまでは車に乗る方法として、購入するのが一般的でした。最近では、車を購入して所有するのではなく、カーリースで利用する選択肢も注目を集めています。話題にはなっているものの、カーリースがどのような仕組みで提供されているのか、ピンときていない方も多いでしょう。

今回は、カーリースの仕組みと併せて、メリット・デメリットや向いている人などを詳しく解説していきます。カーリースが気になっている人は、ぜひ参考にして賢く利用してみましょう。

カーリースとは

カーリースとは、月額料金を支払うことによって、車を利用できるサービスです。車の所有権はカーリース会社にありますが、利用する権利を得ることによって、マイカーのように乗ることができます。

最短1ヵ月の短期リースから9年ほどの長期リースまであり、カーリース会社によって契約期間は様々です。契約期間終了後の取り扱いもカーリース会社ごとに異なります。車を返却して契約終了、再契約、買取などの選択肢があるので、あらかじめサービスの詳細を確認しておきましょう。

料金の仕組みで詳しく解説しますが、リース料金には諸経費が含まれています。諸経費に関わる手続きを任せられるので、車に乗るだけにしたい方や車の知識が少ない方にも最適です。

カーリースの料金の仕組み

カーリースの料金の仕組み

カーリースの料金は、以下の仕組みで設定されています。

リース料金=車両価格-リース終了後の車両予定価格+維持費用(税金、保険料など)

残価を設定することによって、利用しやすい価格設定を実現しています。ただ、残価が予定よりも少なくなると、契約終了後精算が必要になる場合もあります。故障や事故に伴う修理、傷や摩耗など状態の劣化などには注意しなければなりません。

リース料金には、自動車税・重量税といった税金、自賠責保険料、車検料などが含まれています。頭金やボーナス払いが必要ないカーリースもあり、わかりやすい料金体系が特徴です。諸経費が含まれたリース料金を月々支払うことで車に乗れるので、まとまった出費や急な出費の心配が少なくなります。

リース期間に応じて、月額料金が算出されることもあって、長期リースほど月額料金が安くなり、短期リースほど高くなる傾向があります。

カーリースのメリット、デメリット

カーリースのメリット、デメリット

カーリースには、購入とは異なる料金の仕組みがあり、費用面でメリットがあります。一方でいくつかのデメリットもあるので注意が必要です。メリット・デメリットの両方を理解した上で、利用を検討しましょう。

カーリースのメリット

カーリースのメリットは、以下の5つです。それぞれ詳しく内容を説明していきます。

初期費用をおさえられる

カーリースの多くは、頭金なしで車を提供しています。まとまった初期費用を支払う必要がないので、気軽に車に乗り始めることが可能です。車種に関わらず、頭金が発生しないため、より初期費用がかかる高級車やハイグレードな車種にも手が届くでしょう。

月々定額の支払いで家計管理がしやすい

カーリースの月額料金には、税金や保険料などの諸経費が含まれています。ガソリン代や駐車場代など別にかかる費用はあるものの、車にかかる費用をまとめられるのがメリットです。どれくらいの費用かがわかりやすくなり、家計管理がしやすくなります。

修理や点検などのメンテナンスを任せられる

メンテナンスサービスやメンテナンスパックを提供しているカーリース会社であれば、修理や点検などのメンテナンスを任せることができます。「車に関わる知識はあまりない」「車に乗るだけにしたい」という方は、維持の手間なくカーライフを楽しめます。

自家用車ナンバーで乗れる

カーリースは、車を借りる形になりますが、自家用車ナンバーをつけることができます。レンタカーのように「わ」ナンバーにならないか心配している方も安心です。車を見る人からカーリースだとわかることはなく、マイカーとして利用できます。

車の乗り換えがしやすい

1~3年ほどのカーリースであれば、短いスパンで車を乗り換えできます。「色々な車に乗りたい」という方は、契約終了後に他の車種に乗り換えられるのがうれしいポイントです。家族が増えるなどライフイベントとタイミングが合えば、最適な車種に乗り換えることもできるでしょう。

カーリースのデメリット

カーリースは、車を購入して所有することに比べて、いくつかの制限があります。以下の3つのデメリットをしっかりおさえておきましょう。

基本的に中途解約ができない

カーリースは、基本的には中途解約ができず、契約期間中に乗り続けるのが前提です。どうしても解約が必要になった場合は、違約金や残りの支払いの返済が求められます。期間中乗り続けられるのかを十分に検討してから、カーリースを利用しましょう。

改造やカスタマイズを自由にできない

契約終了後に返却する必要がある場合は、原状復帰しなければなりません。原状復帰がされずに残価が下がってしまうと、高額な費用を精算する必要が出てきます。そのため、自分好みの車に改造・カスタマイズするのは難しいです。自分だけの車に変えたいという方は、購入の方が向いているでしょう。

走行距離制限がある

カーリースには、車種やプランによって、走行距離の制限が設定されています。月間または年間、契約期間中の走行距離が決まっているので、その範囲での利用となります。もし制限を超えてしまうと、超過料金や下がった残価の精算などが発生するので、どのくらい車を利用するのかをあらかじめ把握して、最適な車種やプランを選びましょう。

カーリースに向いている人

 カーリースに向いている人

カーリースと他の方法で迷っている方は、自分にカーリースが合っているのかを知ることが大切です。そこでカーリースに向いている人の例をピックアップしてみました。利用シーンを思い浮かべながら、自分の合うか検討してみましょう。

急な出費をなくして定額で車に乗りたい人

車を購入すると、車検や修理などに伴って急な出費が発生することもあります。家計に負担がかかってしまうので、できれば定額で利用したい方も多いでしょう。

カーリースなら、車検や修理のほか、税金や保険料なども含まれた定額料金で利用できます。車にかかる費用を一定にして、家計を管理しながら車をに乗り始められます。

車に詳しくないが安全・快適に車を使いたい人

車に関する知識がない、自分でメンテナンスするのが苦手という方にも、カーリースがおすすめです。メンテナンスを任せられるカーリース会社が多いので、維持の時間や手間をかけずに、安全な状態で車に乗ることができます。

費用をおさえて新型車に乗りたい人

新車を購入すると、中古車よりも初期費用や維持費用、ローンの支払いなどが多くなります。憧れの新型車を手に入れたい人でも費用面で手が出ないこともあるでしょう。カーリースでは、新型車でも月額料金で利用できます。高級車も同様なので、購入よりも気軽に新型車・高級車など憧れの車に乗れるでしょう。

事業用に車を使いたい人

カーリースの費用は、経費に計上することができます。確定申告時に計上すれば、節税できる場合があります。初期費用が少ないこと、月々の費用がわかりやすくなることなど、事業用に車を使いたい方にぴったりのサービスです。

まとめ

今回は、カーリースの仕組みやメリット・デメリットなどを詳しく解説しました。

カーリースは、車両に残価を設定することによって、比較的利用しやすい月額料金での提供を可能にしています。料金には、税金や保険料などの諸経費が含まれているので、手続きが必要ないシンプルな料金体系が特徴です。

家計管理がしやすい、メンテナンスを任せられる、乗り換えやすいといったメリットがある一方で、中途解約できない、改造・カスタマイズがしにくいこと、走行距離制限があるといったデメリットには注意しましょう。ここでご紹介をした向いている人の例を元に利用シーンをイメージし、仕組みを理解した上で、カーリースの利用を検討してみましょう。

この記事をシェアする

この記事の執筆者

小嶋 啓意

クルカ営業部のGMを務める小嶋です。新卒から自動車業界一筋15年のキャリアがあります! 大学卒業後、某大手国内ディーラーの営業職を経て、クルカに入社しました。 自動車業界のキャリアの長さは社内屈指。「車といえば、小嶋さん」と社内で言われるレベルの車好き。車は三度の飯より大好きです! ディーラーや現職の営業経験を生かした車選びのご提案が得意です。長年の経験から、お客様にとって最適な1台をご用意いたします。 営業時代は商品のスペックを理解し、お客様に提案することをモットーにしましたので、自動車のスペックに精通しています。 弊社Youtubeチャンネルでは、車選びの知識やクルカで取り扱っている車種の解説もしています。 ぜひ車選びの参考にしてみてください! →YouTubeクルカ公式チャンネル

関連コラム

条件・用途から車を選ぶ

お問い合わせ

私達にお任せください!

分かりやすく丁寧にご案内いたします!

PAGETOP