カーリースをもっと詳しく クルカフェ

2021.4.8

シャトルの維持費はどのくらい?

シャトルの維持費はどのくらい?

以前は、各メーカーから次々と発売されていた5ナンバーのステーションワゴン。その中の1つが、ホンダシャトルです。最近では、ミニバンや軽自動車といった自動車に押され、自動車市場からもその数は減少傾向にあります。しかし、ステーションワゴンの人気が衰える中において、その売り上げを伸ばしてしいるのがシャトルです。他メーカーは、ステーションワゴンのボディサイズを大きくして、3ナンバーに変更するなど試行錯誤する中、根強い5ナンバーのステーションワゴンスタイルを貫きファンの多いホンダのシャトル。

今回は、シャトルの車両価格と維持費から見る快適な乗り方について解説していきます。

シャトルの車両価格

低燃費とスポーティーな走りを融合させたシャトルは、ガソリン車とハイブリッド車の2種類があります。ガソリン車は、低速から高速までスムーズな走りをすることでショックを軽減させ、エンジンを良い状態に維持することで燃費にも貢献するCVTを搭載しています。

また、振幅感応型ダンパーをハイブリッド車であるHYBRID X・Honda SENSING/HYBRID Z・Honda SENSINGに標準装備させることで乗り心地と操縦安定性を実現させました。また、悪路や寒冷地などに対し、力強い走りと優れた低燃費を両立した4WDもラインナップされているので、選択肢の幅が広がる自動車となっています。

それでは、シャトルの車両価格をグレード別に見ていきます。

ガソリン ハイブリッド
G・Honda SENSING FF 1,808,400円 HYBRID・Honda SENSING FF 2,158,200円
4WD 2,006,400円 4WD 2,356,200円
HYBRID X・Honda SENSING FF 2,418,900円
4WD 2,616,900円
HYBRID Z・Honda SENSING FF 2,607,000円
4WD 2,772,000円

新車で購入した場合のローンの目安

新車で購入した場合のローンの目安

シャトルは、ハイブリッド車のラインナップが豊富です。ハイブリッド車のメリットは、なんといっても燃費の良さです。ハイブリッド車は、エネルギーの変換効率が良いので、ガソリンエンジンよりガソリン代がかからず節約できます。その一方、最新の技術を屈して製造されているので、ガソリン車と比べると30万~100万程度、車両価格が高いです。実際、シャトルの同レベルであるガソリン車とハイブリッド車であるHonda SENSINGの価格も30万円程度高くなっているのがわかります。

「せっかく新車を購入するならハイブリッド車に乗りたい」そこで、新車を購入する方法としてよく使われているのがカーローンです。

例えば、シャトルHYBRID Z・Honda SENSING( 2WD  1,496cc  5人乗り  FF)を頭金とカーローン200万円を金利3%、5年払いで購入した場合、支払い額は35,937円になります。一見すると、あまり負担にならないと思う金額です。しかし、年収が不安定であったり他のローンとの兼ね合いもある人は、簡単にカーローンを組んでしまうと後々支払いが圧迫する恐れもあるので、よく考えて組むようにしましょう。

その他必要な維持費

その他必要な維持費

念願のシャトルを購入して、快適なカーライフを送るために覚えておくべきことが購入後の維持費です。自動車は買って終わりという訳ではありません。さまざまな維持費が違ったタイミングで必要になるので「いつどの時期にこの費用が必要」ということを覚えておくことが必須です。

それでは、自動車にかかる維持費にはどのようなものがあるのか見ていきます。

ガソリン代

ガソリンは、自動車を走行させるために不可欠です。ハイブリッド車は、低燃費ですが給油することに変わりはありません。

駐車場代

自動車を購入する時には必ず保管場所の申請が必要です。持ち家であれば自宅に停められますが、賃貸マンションなどの人は保管場所に対し駐車場代がかかります。

任意保険料

自動車を運転していれば、事故が起こる可能性は誰にでもあることです。事故が起きた時、任意保険に加入していなければ、事故の内容によって今後の人生を左右する可能性もあるのです。任意ではありますが、必ず加入するようにしましょう。

自動車税

自動車税は、3月末の時点で自動車を保有している人が納める税金です。排気量によって税額が違い、環境対象車は減税となっています。シャトルの自動車税は、2019年10月1日以降の新車登録で、年間30,500円になります。

車検

車検は、2年に1度(初回の車検は登録後3年後)自動車の点検を法令に基づいて行う検査のことです。車検に合格していない自動車は公道を走れません。シャトルを車検する時には、重量税と自賠責保険を支払わなければなりません。シャトルのハイブリッドはエコカー50%減税対象なので1000~1500kgで7,500円です。

メンテナンス料

自動車を快適に走行させるには定期的なメンテナンスが必要です。オイル交換やタイヤ交換など交換時期はそれぞれ違いますが、突然必要になることもあるのであらかじめ貯蓄しておきましょう。

月間と年間の維持費の目安

月間と年間の維持費の目安

維持費は、それぞれ支払うタイミングがあります。毎月必要な維持費と年間に必要となるものを区別しておくと、自動車を維持しやすくなるので毎月かかる維持費の目安と年間にかかる維持費の目安を把握しておきましょう。

毎月かかる維持費

  • ガソリン代
  • 駐車場代
  • 任意保険料(月払いの場合)

毎月自動車にかかる維持費は人それぞれ違いがあります。走行距離の違いや地域によって異なりますが、ハイブリッド車という点を踏まえても、月々2万円程度の維持費が目安となります。

年度ごとにかかる維持費

  • 自動車税(1年ごと)
  • 車検(初年度は3年、次年度からは2年ごと)※重量税・自賠責保険・検査印紙を含みます
  • 任意保険料(年払い)

自動車の税金や保険は、1年または2年毎に支払います。シャトルの場合、ガソリンとハイブリッドで違いがありますが、自動車税だけでも30,500円かかるので車検代などを計算すると年間8万円〜10万円は維持費として計上しましょう。

シャトルはリースがおすすめの理由

新車を購入するにはまとまった資金が必要です。また、購入後の維持費も貯蓄しておがなければ後々家計を圧迫します。例えローンを組んだとしても、頭金が総額の1割〜2割は必要です。

そこで、自動車を快適に乗るための新しい方法として注目されているのがカーリースです。カーリースといえば、企業が利用するものと捉えがちですが、最近では個人向けとしても利用できます。

クルカのカーリースは、メーカー問わず乗りたい自動車を選べるのでシャトルが欲しい人にとって気軽に利用できます。シャトルHYBRID Z・Honda SENSING (2WD  1,496cc  5人乗り)を3年間リースした場合の支払い額は下記の通りです。

  • 1年目:月々29,800円(税込)
  • 2年目:月々29,800円(税込)
  • 3年目:月々29,800円(税込)

上記のように月々定額払いで初回車検まで乗ることができ、3年後の車検代も不要で4年目も同じ金額で乗ることができます。

ホンダ シャトルのカーリース情報はこちら

まとめ

今回は、シャトルの車両価格と維持費から見る快適な乗り方について解説してきました。ステーションワゴンの需要が減少傾向にある中において、ガソリンとハイブリッドを取り揃え5ナンバーのコンパクトなステーションワゴンを保ち続けるシャトルは、不動の人気を誇っています。しかし、自動車を購入するためにはまとまった資金と購入後の維持費の確保が必須です。

新車のシャトルに乗りたいという方は、カーリースという新しい車の乗り方も検討してみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連コラム

条件・用途から車を選ぶ

お問い合わせ

私達にお任せください!

分かりやすく丁寧にご案内いたします!

PAGETOP

new