ハリアーZグレードの特徴

ハリアーの最上級グレード
“Zグレード”とは

トヨタブランドのSUVの中でも、圧倒的な人気を誇る高級クロスオーバーSUVがハリアーです。ラグジュアリーなプレミアムSUVの先駆者にして、歴代モデルがすべて大ヒットを記録している屈指の大人気モデルです。
そんなハリアーの現行モデルの中でも、最上級グレードに位置するのが “Zグレード“です。その価格は2WDのガソリンモデルでもほぼ400万円と高級SUVのハリアーのイメージ通りの高額車。しかし、そのスペックや装備を詳細にチェックすると、実はコスパ的には非常に優れているともいえるグレードが”Zグレード”なのです。
では、実際のところどうなのでしょうか。ハリアーの“Zグレード”のスペックや装備などについて価格に見合った内容なのか、それとも価格以上の内容なのか細かく検証してみましょう。

1

ハリアーZグレードはどんなグレードなのか

ハリアーの現行モデルは4代目にあたり、2020年6月に発売されました。クロスオーバーSUVながら、都会的なクーペのようなスタイリッシュなデザインを持ち、その上質で堂々としたそのスタイリングは世界中から愛されています。

もちろんインテリアに関してもその作りはとても高級感があって、室内スペース的にも余裕があり居住性も抜群です。

さらに、最新スペックを持つ2Lのダイナミックフォースエンジンガソリンエンジンに加えて、2.5Lガソリンエンジン+モーターのハイブリッドも設定されておりそのパワーユニットのスペックも充実したものとなっています。

車両価格はエントリーグレードの2,990,000から最上級グレードの5,040,000円までと、最も安いグレードと最も高いグレードの価格差は205万円にもなります。グレードは下からS、G、Zとなっていて、最上級グレードはZです。

そして、このZグレードをベースにレザーシートなどを装備した仕様のZレザーパッケージハイブリッドE-Fourが最も高価な5,040,000円のグレードとなっています。

2

Zグレードのエクステリアは

ハリアーは、ボディサイズは大きめですがボディは流れるようなラインを描き、高級感溢れるエクステリアとなっているのが大きな特徴です。歴代モデル共通のイメージが踏襲されており、一目でハリアーだと分かるのは確立されたそのハリアーのブランド力の高さによるものなのでしょう。

グレードのよるデザインの大きな違いはなく、エントリーグレードのSグレードも、最上級グレードのZグレードも見た目には大きな差はありません。ボディサイズは全長4,740㎜×全幅1,855㎜×全高1,600㎜と、こちらも全くいっしょです。

しかし、最上級グレードのZグレードはさすがに高級感という意味ではしっかりと差別化がされています。まずヘッドライトは特徴的なプロジェクター式LEDヘッドランプ(オートレベリング機能付)+LEDデイタイムランニングランプ+LEDクリアランスランプ+LEDターンランプとなっていますが、エントリーグレードのSグレードでは普通の3灯式LEDです。さらにLEDフロントフォグランプが標準で装着されているのもZグレードの特徴です。

そして、Zグレードならではの分かりやすいエクステリアの違いとしてはホイールでしょう。Zグレードにはインチサイズの大きな225/55R19タイヤに大口径19×7Jアルミホイール(高輝度シルバー塗装)が装備されています。デザインも専用デザインでプレミアム感は満点です。

他には前後のバンパーのメッキガーニッシュになっていたり、アウトサイドドアハンドルもメッキ仕様となっている点もZグレードの高級感を高めています。ハリアーのエクステリアに上質で高級なクロスオーバーSUVというイメージを求めるならやはりZグレードがふさわしいといえるのではないでしょうか。

3

最上級グレードならではの
高級感あるインテリア

インテリアもZグレードは非常に高級感があります。まずシート地は本革+ファブリック仕様で見た目も肌触りも上質。加えてシートはたっぷりとしたサイズがあってその座り心地も満点。加えて前席は8ウェイパワーシート(前後スライド+リクライニング+シート上下+チルトアジャスター)で、さらに運転席には電動ランバーサポート(2ウェイ)までついています。

ステアリングも高級感のある本革巻き3本スポークステアリングホイールでメッキ加飾も施されるなど見た目がとても上質な上、握り心地にも優れています。

さらに、ステアリングスイッチもピアノブラック塗装になっているなどディテールの仕上げも非常に凝っています。さすが最上級グレードといえるでしょう。

エアコンはもちろんフルオートでヒーターコントロールパネルは質感の高い静電タッチタイプ。さらに、メーターには大型7.0インチ(Sグレードは4.2インチ)のTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイが装備され、メーターリングはサテンメッキ仕様と細部まで手抜かりはありません。

4

Zグレードの充実した標準装備の内容

19インチアルミホイールやカラードリヤルーフスポイラー、さらに、静電タッチパネル操作系を持つフルオートエアコンにカビや花粉、菌・ウイルス、ニオイなど、目に見えない空気の汚れを抑えてくれる力をナノイーXも標準搭載されています。

カーナビももちろん標準装備で、T-Connect SDナビゲーションシステム+JBLプレミアムサウンドシステム、さらにETC2.0車載器がはじめから装着されています。これもZグレードならではのもので、ディスプレイは12.3インチの大型タイプ。

ちなみに、こちらは他のグレードでもメーカーオプションで装着できますが、そのオプション価格は369,600円と非常に高額。これが標準装備となっているのはZグレードの大きな魅力ですね。

また、プリクラッシュセーフティやレーントレーシングアシスト、全車速追従機能付レーダークルーズコントロールが備わった先進安全装備のToyota Safety Senseに加えて、Gグレード以上に標準装着される前後方録画機能付きデジタルインナーミラーも、もちろん最上級のZグレードですからはじめからついています。

他には「調光パノラマルーフ」がメーカーオプションとして設定されているのがZグレードとZレザーパッケージのみ。こちらには、スイッチ1つでガラス面を調光・透過に切り替えられるというというもので量産車では世界初採用の特別な装備です。オプション価格は198,000円と高額ですが、Zグレード以上のグレードにしか装着できないので、装着すれば優越感が味わえること間違いありません。

5

Zグレードのパワーユニットの性能は?

Zグレードにはガソリンエンジンとハイブリッドが設定されています。ガソリンエンジンは2Lの4気筒のM20A-FKS型エンジンでそのスペックはパワーが126kW(171PS)で、トルクが207N・m(21.1kgf・m)。2LのNA(ノンターボ)エンジンとしてはとてもパワフルで、高速道路でもストレスのない走りが味わえるでしょう。

また、トルクも207N・m もあるので、加速性能も期待できます。街中からちょっとしたオフロード、高速道路まで、スポーティな走りが楽しめるのではないでしょうか。

気になるWLTCモード燃費は15.4㎞/Lです。さすがにハイブリッドにはかないませんが、それでも1.6tというその車重とエンジンパワーから考えるとかなりの高燃費。不満を感じることはまずないはずです。

ハイブリッドは2.5Lガソリンエンジン+モーターで、スペックは、システム最高出力がFFで160kW(218PS)で4WD(E-Four)で163kW(222PS)。WLTCモード燃費はFFが22.3km/L、でE-Fourが21.6km/L。さすがにハイブリッド、燃費は非常に優秀です。

6

クルカでリースできる
ハリアーのグレードは?

ハリアーは発売直後から人気を集め、現在も多くのバックオーダーを抱えるほど注文が集中しています。でも、そんなハリアーですが、クルカではリース車として以下のような豊富なグレードをご用意しています。

S(2WD)
S(4WD)
Z(2WD)
Z(4WD)
Z leather package(2WD)
Z leather package(4WD)

今回ご紹介した、Zグレードももちろんご用意しています。例えばZグレードの2WDガソリン車なら、クルカ標準オプションとして調光パノラマルーフ、パノラミックビューモニターが装備されて、3年リースなら月々44,800円〜(税込)というとても魅力的なプランで乗ることが可能となっています。

7

まとめ

国産クロスオーバーSUVの中でも屈指の人気を誇るトヨタのハリアー。上質なスタイリングと高級感満点のインテリアはSUVファンの憧れの存在ですが、その中でもハリアーらしい高級感が存分に味わえるのが“Zグレード“です。

ハリアーのZグレードの車両価格は2WDのガソリンモデルでもほぼ400万円の高額ですが、装備内容やスペックを見るとむしろコスパに優れており、むしろお買い得ともいっても過言ではありません。

そんな、ハリアーZグレードに、なるべくお得に、賢く乗りたいのであれば、購入もいいですがぜひ新車リースクルカのご利用を検討してみてください。軽い負担で国産クロスオーバーSUVの最高峰、ハリアーに乗ることが可能です。

ハリアーグレードの特徴

トヨタハリアー

総支払額

132 万円税込

1,324,800

頭金0

ボーナス0

月々定額

336

36,800税込

トヨタハリアー

新車リースクルカハリアー

見積シミュレーション

alphard X 2WD

月々定額

43,800税込

支払総額1,433,474

  • 排気量2,000cc
  • 定員5人乗り
  • 燃費(WLTC)14.7km/L

グレード

燃料タイプ

駆動方式

選択可能カラー

内装

素材 / カラー

ファブリック+合成皮革/ブラック

装備

純正ナビ

オーディオ

ETC装備

カメラ関連

ドライブレコーダー

安全性能

安全装備

Toyota Safety Sense

エクステリア

  • 全長

    4740mm

  • 全幅

    1855mm

  • 全高

    1660mm

  • タイヤサイズ

    225/55R19

  • ホイールサイズ

    19インチ

エアロ

ドアバイザー

メーカーオプション

特殊装備

寒冷地仕様

ナンバー

希望ナンバー

クルカ指定標準オプション

  • フロアマット
  • 調光パノラマルーフ
  • パノラミックヴューモニター

頭金・ボーナス払い

頭金

ボーナス払い(年2回)の一回分

ご契約内容

  • 契約期間

    3年(36回払い)

  • 規定走行距離

    36,000km

    規定走行距離とは?

    クルカでは、ご契約中の走行距離を1年間あたり12,000kmで計算しております。よってご契約は3年となりますので36,000kmになります。この走行距離以内でご利用いただくことで、表示価格でご利用いただくことができます。走行距離をオーバーする場合はお車返却時に超過分のご精算となります。

    ご精算例
    オーバーした距離が4,000kmとなった場合、超過距離(4,000km)×精算単価(10円/km:税抜)となり、税抜40,000円のご精算となります。

この見積内容で

お申し込み

新型コロナウイルス感染拡大等に伴うメーカー側の部品供給不足による生産計画の度重なる見直しにより、お待ちいただいているお客様にはご迷惑、ご不便をおかけしております。

この度、クルカは新型コロナウイルスによる中古車市場動向の変化・車両に関するコスト増大に伴い、2022年2月21日時点で価格見直しを行いましたことお知らせいたします。

2022年2月20日時点までにご契約がお済の方に置かれましてはご案内している価格にてご対応をさせていただきます。

また、市場動向及びコスト調整を行う可能性がございます。

何卒ご了承のほどよろしくお願いいたします。

株式会社クルカ
2022年2月21日

コロナウィルス感染の拡大並びに世界的な半導体不足により、現在、多くの車種でメーカーの生産遅れが発生しております。そのため新車販売業界全般においてご納車までにお時間を頂いております。

既にご注文をいただいたお客様におかれましても、当初予定をしておりました納期に間に合わない場合がございます。また、現在車両のご契約をご検討中のお客様におかれましては、車両のお届けに通常以上にお時間を頂戴する場合がございます。

ご納車にお時間をいただいているお客様にはご迷惑をおかけして申し訳ございませんが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

ハリアー関連コラム

関連コラム一覧

よくあるご質問

よくあるご質問一覧

条件・用途から車を選ぶ

お問い合わせ

私達にお任せください!

分かりやすく丁寧にご案内いたします!

PAGETOP