ハリアーZレザーパッケージの特徴

コレザーシート装備の高級仕様!
ハリアー Z leather package

ハリアーといえば、トヨタのSUVラインナップの中でも、最も高級なモデルとして知られています。そして、そのハリアーの中で高級感をさらに高めた仕様として設定されているのが最上級グレードのZグレードと中間グレードのGグレードをベースに、レザーシート他の豪華装備を追加した、レザーパッケージです。

最上級グレードのZグレードをベーにしたZレザーパッケージのハイブリッドE-Fourとなるとその価格は500万円オーバー。ハリアーの中で最も高額となります。しかし、単に高額なのではなく、ハリアーならではの高級感を存分に味わうならむしろこのZレザーパッケージがベストなグレードという評価もあります。

ではこのハリアーのZレザーパッケージは果たしてその価格に見合う内容となっているのでしょうか。Zレザーパッケージならではの装備内容に注目しつつ、どんな仕様となっているのか、ベースとなったZグレードとは何が違うのか、詳しくチェックしてご紹介します。

1

ハリアー Z leather packageとはどんなグレードなのか

2020年6月に発売されたハリアー4代目となる現行モデルは、登場直後から注目を浴び、発売1カ月で、なんと月販目標台数の3,100台を大きく超える、約45,000台の受注があったという大ヒット車です。

そして、現在もバックオーダーを多数抱えるほどで、その人気は全く衰えていません。なぜそれほどまでに人気があるのか、その理由はやはりスタイリッシュなデザインと高級感あるインテリア、そして充実した装備にあるのでしょう。

多くの方はハリアーといえば高級クロスオーバーSUVというイメージがあると思いますが、実はハリアーすべてのグレードが高額というわけではありません。エントリーグレードのSガソリン・2WDなら2,990,000円と300万円を(ぎりぎりですが)切る価格のグレードも用意されています。

グレードとしては下からSグレード、Gグレード、Zグレードまでが用意されており、最上級グレードはZグレードです。そしてそのZグレードをベースにさらに高級感を高めた装備を搭載し、上質でラグジュアリーなレザーシートまでも装備したのがZグレードのさらに上に位置する“Z leather package(Zレザーパッケージ)“です。

Zグレードのレザーパッケージ仕様はガソリンエンジンの2WDと4WDグレード、そしてハイブリッドの2WDと4WDで選ぶことが可能ですが、最も高価なのがZ“レザーパッケージ”ハイブリッド・F-Fourの5,040,000円。そして、これがハリアーの中でも最も高額なグレード(仕様)となっています。

2

Zレザーパッケージの
エクステリアの特徴は

ハリアーの一番の特徴ともいうべき部分が流れるようなボディラインでしょう。クロスオーバーSUVながら高級なクーペのようなフォルムを持ち、またディテールのデザインや仕立ても非常に上質。では、Zレザーパッケージならではの特別な部分がエクステリアにもあるのかというと、実はありません。最上級グレードであるZとエクステリアに関しては全く同じです。

Zレザーパッケージはその名の通り、レザーシートを中心にインテリア関連の装備が特別なものとなっています。そのため、エクステリアの見た目に関しては特別感はありません。とはいえベースがハリアーの最上級グレードZグレードなので、さすがに高級感という意味では最上級です。

ヘッドライトは特徴的なプロジェクター式LEDヘッドランプ(オートレベリング機能付)+LEDデイタイムランニングランプ+LEDクリアランスランプ+LEDターンランプで、LEDフロントフォグランプも標準装着。

また、ハイマウントストップランプがロングタイプになっていたり、リアルーフスポイラーがピアノブラックとボディ同色のコンビタイプになっていて、ドアミラーにもエンブレムマークの足元照明が追加されています。

さらに、前後バンパーがメッキガーニッシュ仕様となっており、アウトサイドドアハンドルもメッキ仕様です。

そして、ホイールもインチサイズの大きな225/55R19タイヤに大口径19×7Jアルミホイール(高輝度シルバー塗装)が装備され、デザインもZグレード、Zレザーパッケージ専用デザインになっています。

3

レザーパッケージならではの
ゴージャスなインテリア

レザーパッケージならではの最大の特徴はやはりインテリアです。特にシートが一番の注目ポイントでしょう。Zレザーパッケージにはなんといっても高級車の代名詞ともいうべき本革シートが装備されています。使用されるレザーはしっかりとした厚みのある上質なレザーで、肌触りもとても心地よいもの。

さらに、これはZグレードも同じですが、運転席が8ウェイパワーシート(前後スライド+リクライニング+シート上下+チルトアジャスター)となっているのに加えて、Zレザーパッケージの場合は、助手席にも4ウェイパワーシート(前後スライド+リクライニング)が装備(Zグレードは4ウェイマニュアルシート)されます。

加えて、運転席には4ウェイ電動ランバーサポート機能とステアリングとシートのポジションメモリー機能、さらに乗り降りの際に便利な運転席オートスライドアウェイやステアリングヒーター、快適温熱シート+シートベンチレーション(運転席・助手席)などまでも標準装備となっています。これらもZレザーパッケージだけのもの。

元々ハリアーのシートはたっぷりとしたサイズがあってその座り心地も満点。加えて高級感満点のレザー仕様となるだけでなく、ありとあらゆる快適装備が満載なのですから。これぞ高級車ともいうべき最高の乗車感が味わえること間違いなしです。

その他インテリア関連の装備は基本Zグレードと共通で、ステアリングが高級感のある本革巻き3本スポークステアリングホイールとなり、メッキ加飾とステアリングスイッチのピアノブラック塗装で高級感が大幅にアップしています。

エアコンももちろんフルオートでヒーターコントロールパネルは質感の高い静電タッチタイプ。さらに、メーターには大型7.0インチ(Sグレードは4.2インチ)のTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイを装備し、メーターリングはサテンメッキ仕様、目につく場所、手の振れるポイントすべてに高級感が感じられます。

4

Zレザーパッケージの標準装備は

レザーシート周りの装備を除いて、Zレザーパッケージの標準装備内容はZグレードと全く同じです。静電タッチパネル操作系を持つフルオートエアコンにカビや花粉、菌・ウイルス、ニオイなど、目に見えない空気の汚れを抑えてくれる力をナノイーXが搭載され、12.3インチの大型ディスプレイを持つT-Connect SDナビゲーションシステム+JBLプレミアムサウンドシステム、ETC2.0が標準装備。

さらにプリクラッシュセーフティやレーントレーシングアシスト、全車速追従機能付レーダークルーズコントロールが備わった先進安全装備のToyota Safety Senseも当然のごとく標準で、他には「調光パノラマルーフ」がメーカーオプションとして設定されているのはZグレードとZレザーパッケージのみです。

こちらは、スイッチ1つでガラス面を調光・透過に切り替えられるというという凝ったもので、量産車ではハリアーが世界初の採用。さすがにオプション価格は高額で198,000円もしますが、ZグレードとZレザーパッケージだけが選べる装備なので余裕があるなら是非装着しておくべきでしょう。

5

ZグレードとZレザーパッケージの違いは何?

最大の違いは当たり前ですが価格です。同じパワーユニットと駆動系を持つハイブリッド4WD(E-Four)どうしで比べてみると、Zグレードのハイブリッド・E-Fourが4,740,000円なのに対してZレザーパッケージのハイブリッド・E-Fourは5,040,000円となっています。その差は30万円。

この金額がそのまま本革レザーシートの価格ということになるのでしょう。単にシート表皮が本革+ファブリックから本革のみに変更になるだけではなく、助手席4ウェイパワーシートに運転席4ウェイ電動ランバーサポートが装備されるうえ、ステアリングとシートのポジションメモリー機能や乗り降りの際に便利な運転席オートスライドアウェイも装備として加わります。

さらに、ステアリングヒーターや快適温熱シート+シートベンチレーション(運転席・助手席)などまで装備されるなど、シートに関してはこれでもかというほどの豪華バージョンになるのですから、この金額は妥当というか、むしろかなりお得感が感じられますね。

6

Zレザーパッケージのパワーユニットの性能は?

現ZレザーパッケージのパワーユニットはZグレードと同じです。ガソリンエンジンとハイブリッドが設定されておりガソリンエンジンは2Lの4気筒M20A-FKS型で、スペックはパワーが126kW(171PS)で、トルクが207N・m(21.1kgf・m)です。

2LのNA(ノンターボ)エンジンとしては十分というかかなりパワフルで、1.6tの重量級ボディでも余裕ある走りが味わえるはずです。気になるWLTCモード燃費に関しては15.4㎞/Lで、こちらも車格を考えると悪くありません。

ハイブリッドは2.5Lガソリンエンジン+モーターで、スペックは、システム最高出力がFFで160kW(218PS)で4WD(E-Four)で163kW(222PS)。WLTCモード燃費はFFが22.3km/L、でE-Fourが21.6km/Lです。ハイブリッドだけあって燃費に優れています。

7

まとめ

トヨタのハリアーはスタイリッシュなエクステリアデザインと余裕ある車内スペース、そして、高級感満点のインテリアが何よりの魅力。ハリアーのオーナーとなるならそんな高級SUVならではの魅力に存分に浸ってみたいはずです。

そして、そんな高級感を最も深く味わえるのが、最上級グレードに、さらに本革シートを追加したZレザーパッケージなのではないでしょうか。

もちろん最上級グレードのZグレードでも高級感は満点ですが、予算に多少の余裕があるなら、もう少し頑張って、最高の快適さと豪華さが味わえるZレザーパッケージを狙ってみるというのも悪くない選択です。

そして、クルカならそんな、ハリアーZレザーパッケージにも無理のない金額で乗ることが可能です。リセールバリューを期待して、購入するのも良いですが、最高級のハリアーZレザーパッケージの新車に乗りつつ、月々の家計の負担を抑えられる新車リースクルカのご利用も是非検討してみてはいかがでしょう。

ハリアーグレードの特徴

トヨタハリアー

総支払額

132 万円税込

1,324,800

頭金0

ボーナス0

月々定額

336

36,800税込

トヨタハリアー

新車リースクルカハリアー

見積シミュレーション

alphard X 2WD

月々定額

43,800税込

支払総額1,433,474

  • 排気量2,000cc
  • 定員5人乗り
  • 燃費(WLTC)14.7km/L

グレード

燃料タイプ

駆動方式

選択可能カラー

内装

素材 / カラー

ファブリック+合成皮革/ブラック

装備

純正ナビ

オーディオ

ETC装備

カメラ関連

ドライブレコーダー

安全性能

安全装備

Toyota Safety Sense

エクステリア

  • 全長

    4740mm

  • 全幅

    1855mm

  • 全高

    1660mm

  • タイヤサイズ

    225/55R19

  • ホイールサイズ

    19インチ

エアロ

ドアバイザー

メーカーオプション

特殊装備

寒冷地仕様

ナンバー

希望ナンバー

クルカ指定標準オプション

  • フロアマット
  • 調光パノラマルーフ
  • パノラミックヴューモニター

頭金・ボーナス払い

頭金

ボーナス払い(年2回)の一回分

ご契約内容

  • 契約期間

    3年(36回払い)

  • 規定走行距離

    36,000km

    規定走行距離とは?

    クルカでは、ご契約中の走行距離を1年間あたり12,000kmで計算しております。よってご契約は3年となりますので36,000kmになります。この走行距離以内でご利用いただくことで、表示価格でご利用いただくことができます。走行距離をオーバーする場合はお車返却時に超過分のご精算となります。

    ご精算例
    オーバーした距離が4,000kmとなった場合、超過距離(4,000km)×精算単価(10円/km:税抜)となり、税抜40,000円のご精算となります。

この見積内容で

お申し込み

新型コロナウイルス感染拡大等に伴うメーカー側の部品供給不足による生産計画の度重なる見直しにより、お待ちいただいているお客様にはご迷惑、ご不便をおかけしております。

この度、クルカは新型コロナウイルスによる中古車市場動向の変化・車両に関するコスト増大に伴い、2022年2月21日時点で価格見直しを行いましたことお知らせいたします。

2022年2月20日時点までにご契約がお済の方に置かれましてはご案内している価格にてご対応をさせていただきます。

また、市場動向及びコスト調整を行う可能性がございます。

何卒ご了承のほどよろしくお願いいたします。

株式会社クルカ
2022年2月21日

コロナウィルス感染の拡大並びに世界的な半導体不足により、現在、多くの車種でメーカーの生産遅れが発生しております。そのため新車販売業界全般においてご納車までにお時間を頂いております。

既にご注文をいただいたお客様におかれましても、当初予定をしておりました納期に間に合わない場合がございます。また、現在車両のご契約をご検討中のお客様におかれましては、車両のお届けに通常以上にお時間を頂戴する場合がございます。

ご納車にお時間をいただいているお客様にはご迷惑をおかけして申し訳ございませんが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

ハリアー関連コラム

関連コラム一覧

よくあるご質問

よくあるご質問一覧

条件・用途から車を選ぶ

お問い合わせ

私達にお任せください!

分かりやすく丁寧にご案内いたします!

PAGETOP