更新日 2021.11.18(公開日 2021.11.17)

オプション

車にフロアマットは必要?

車にフロアマットは必要?

車オプションの1つにフロアマットがあります。雨で濡れた足元や傘の水滴、靴の汚れをとってくれたりと便利なフロアマットは、車内を清潔な状態に保つためのアイテムとして重宝します。純正品だけでなく外注品も多く販売されているフロアマットですが、選ぶポイントを間違えると、再度購入することになりかねません。
今回は、車のフロアマットは必要なのか?フロアマットの種類や選び方のポイントを解説していきます。

車のフロアマットをつけるメリットとは?

車のフロアマットをつけるメリットとは?

車に乗った時、足元に違和感を覚えたことはありませんか?フロアマットは、その有無で足元に違和感を感じるほど内装と一体化しています。

フロアマットは、車内の汚れを防止するだけでなくほかにもメリットがあります。

車内を清潔に保てる

車内で飲食をした際に、床に落とした食べこぼしを放置するのは不衛生です。しかし、家に比べると掃除機をかけるのも時間も手間がかかります。フロアマットがあれば、マットだけを車外へ出して掃除が可能です。また、フロアマットは洗えるタイプのものもあるので常に車内を清潔に保てます。

高級感を味わえる

一昔前には、フロアマットをひいた車内へは土足禁止という人もいたほど、フロアマットの種類によっては高級感を味わえます。フロアマットを置くことで車内の雰囲気を替えることも可能で内装のアクセントとしても存在感を表してくれます。

振動の伝わりが少ない

「フロアマットを置いたくらいで振動に違いが出るの?」と感じる人もいます。フロアマットがクッションの役目をしてくれる為、タイヤからフレームへの振動が少なくなるのです。

運転席の摩耗を防止してくれる

ドライバーは、靴のかかとを常にフロアに置いています。アクセルとブレーキを繰り返すペダル操作では、フロアが摩耗によって擦れてしまうため運転席の床にだけ毛羽立ちがおこります。しかし、フロアマットを置くことで摩耗から床への負担を軽減してくれるのです。

フロアマットの種類にはどのようなものがあるのか?

フロアマットの種類にはどのようなものがあるのか?

フロアマットを置くと車内を清潔に保てるだけでなく、心地よい車内空間が演出できることがわかりました。しかし、カー用品に並ぶ数多くのフロアマットを見ると自分の車に合ったフロアマットはどのようなものなのか悩みます。

フロアマットは、大きく分けると2つのタイプがあるのでそれぞれの特徴について見ていきましょう。

高級感あふれるフロアマット

車のフロアマットとは思えないふんわりとした絨毯タイプや、カーペットのようにしっかりとした布感のフロアマットには、高級感のある素材が使われています。裸足で車内に入っても家の中にいるような安心した感覚を得る事が出来、人気の高いフロアマットです。

絨毯タイプやカーペットタイプのフロアマットは、需要が高く、純正品のフロアマットの大半が起毛タイプが使用されています。

撥水効果や汚れ対策には弱いですが、車内の高級感を求める人にとっては欠かせないアイテムです。ワンカラーだけではなく、チェックやストライプなどのバリエーションも豊富です。

趣味で車内泊での旅行を楽しむ人の中には、乗り心地の改善や家の中に近い空間を演出できる、厚手で肌触りの良い起毛タイプのフロアマットを購入している人もいます。

耐久性のあるラバータイプのフロアマット

育ち盛りの子どもがいる人や、アウトドアが趣味の人などに多く愛用されているのがラバータイプのフロアマットです。ラバーマットは、合成ゴムで作られているので耐久性に優れています。また、高圧洗浄機でも洗えるので頑固な汚れも落とすことが可能です。

素材が合成ゴムなので高級感には欠けますが、実用性に富んでいます。雨の日など水滴が車内に入っても即拭き取れるので車内の湿気防止にも有効的です。

フロアマットを選ぶポイントとは?

フロアマットを選ぶポイントとは?

フロアマットの種類は多く、どれを選べば良いのか悩みます。値段も数千円〜数万円と幅広いですが、価格だけではなく、実用性をみることが重要となります。

それでは、フロアマットを選ぶポイントについて見ていきます。

フロアの形状にあったものを選ぶ

車のフロアは、メーカーが同じでも車種によって形状が違います。外注品には、サイズがS.M.Lといった大まかなフロアマットが多く自分の車がどのサイズに合うのがわかりにくいです。

フロアマットは、形状が合っていないと運転中にズレたりする事があるので、運転に支障をきたす恐れもあります。メーカーオプションのフロアマットは、車に合ったデザインとなっていますが、外注品を購入する場合には、寸法やどの車にあうのか確認して必ずフロアの形状に合ったものを選びましょう。

車内を清潔に保つにはラバー素材

最近の車は、外装内装ともに見た目重視となっています。絨毯タイプのフロアマットや布タイプのフロアマットは、カラーも豊富で魅力を感じますが、丸洗い不可のマットが多く、お子様がいらっしゃる家庭やアウトドアが趣味などの人の車には不向きです。

食べこぼしや水、泥にも強いラバータイプのフロアマットなら汚してもすぐに洗う事ができます。デザインや見た目よりも車内を清潔に保つのであればラバータイプのフロアマットがおすすめです。

フロアマットをオプションで付ける理由

フロアマットは、外注品にも様々なバリエーションのものがあります。外注品であれば、自分の好きなカラー模様のフロアマットを選ぶことが可能です。しかし、新車を購入する際にはディーラーオプションのフロアマットを付ける方が良いです。

それでは、フロアマットをオプションでつける理由について挙げていきます。

自分の車に合ったフロアマットが選べる

新車を購入する際に、オプションとして注文すればその車種のフロアマットが取り付けられます。車種に合わせたサイズや色合いとなっているため、マットにズレが生じたり、車内の違和感もありません。

オーダーメイドは値段が高額になる恐れもある

車の購入は決して安い買い物ではない為、オプションを付けていくと、さらに支払総額が上がります。緊急性のないフロアマットは後回しになってしまいます。ですが、後から自分の車に合ったフロアマットをオーダーメイドをする方が、割高になる可能性があります。

まとめ

まとめ

今回は、車にフロアマットは必要なのか?フロアマットと種類と選ぶポイントについて解説してきました。

フロアマットは、車の安全や性能に直接関係するアイテムではありません。しかし、絨毯タイプのフロアマットであれば、車内に高級感を出したりラバータイプのフロアマットであれば、車内を綺麗な状態を保つアイテムとして重宝されています。

フロアマットは、純正品だけでなく外注品のラインナップも豊富ですが価格の安い物という基準で、購入するとサイズが合わなかったり、足元が安定せず運転に支障が出るなどの恐れもあります。また、外注品でもオーダーメイドで注文すれば車種によっては、破格のフロアマットになる場合もあるのです。新車を購入する際には、一緒に純正品のフロアマットも購入することをオススメします。

この記事をシェアする

この記事の執筆者

白幡 魁都

クルカの白幡 魁都です。キャリアは新卒から、自動車業界一筋。新卒は中古販売会社に入社。その後、クルカに中途で入社しました。 カーリースのキャリアは2年以上あり、中古車の市場の知識や買い取り業務の経験は社内で一番知識があります。 リースのご相談のほかに、前職キャリアを活かし、お車の下取りのご相談を承ることも可能です。また中古車販売社の頃は、主に軽自動車を取り扱うことが多く、軽自動車の情報や知識にも自身があります。 これまでのキャリアを活かし、車の乗り換えや買い替えといったコラムの監修にも携わっています。

関連コラム

条件・用途から車を選ぶ

お問い合わせ

私達にお任せください!

分かりやすく丁寧にご案内いたします!

PAGETOP