カーリースをもっと詳しく クルカフェ

2020.4.30

カーリースは安いって本当?

カーリースは安いって本当?

自動車に乗り始める方法として、カーリースが注目されています。格安リースなど安さをアピールしたサービスが多くあったり、メリットとして安さが語られたりするなど、カーリースといえばお手軽な価格の印象があるでしょう。実際のところカーリースの料金はどのくらいなのでしょうか。

今回は、カーリースが安いのかどうか、一般的な相場や自動車購入との比較などで明らかにしていきます。カーリースの利用で迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

カーリースとは

カーリースとは

カーリースの料金の安さについて見ていく前に、カーリースとは何かをあらかじめおさえておきましょう。どのようにリース料金が決まるのか、リース料金の内容などをご紹介していきます。

残価設定によって月額料金を算出

カーリースは、車両価格に対してリース終了時の車両予定価格を残価設定することで、月額料金を算出しています。残価を差し引いた車両価格がリース料金になり、契約期間中、月々支払っていくのがカーリースです。

月額料金に諸経費が含まれる

自動車を購入する場合、車両価格を分割した支払いだけでなく、税金や保険料などが発生するので、維持費用も考える必要があります。一方、カーリースでは、月額料金に諸経費が含まれています。毎月支払う金額が明確になり、車検などのタイミングで急な出費が起きにくいのもうれしいポイントです。

リース会社によってはメンテナンス費用も定額料金に組み込める

カーリース会社によっては、メンテナンス費用も月々の支払いにまとめられる場合もあります。メンテナンスパックといったサービスで、わかりやすい料金にできるだけでなく、メンテナンスの手間をなくして車に乗るだけにしたいという方におすすめです。

格安カーリースって本当に大丈夫?

格安カーリースって本当に大丈夫?

カーリースの需要が高まるとともに、カーリースサービスも増えています。格安カーリースも登場しているものの、こんなに安くて大丈夫なのかと不安になることも多いでしょう。格安カーリースとはいっても、残価設定などの仕組みは同じです。他社より残価を高く設定する、運営コストをカットし還元している、返却前提で提供しているなどによって、安いリース料金を実現しています。サービスの質にもよりますが、一般的な価格帯のカーリースと同じように利用できるでしょう。

ただ、メンテナンスサービスが含まれていなかったり、走行距離制限が短かったりするなどには注意が必要です。価格に目が行きがちですが、オプションやサービスなどもしっかりチェックしましょう。

カーリースの一般的な相場

カーリースの一般的な相場

カーリースの一般的な相場は、車種によって異なります。月々1万円台から利用できる車種から、4万円台の車種まであります。軽自動車やコンパクトカーであれば2万円台、ミニバンやセダンなどは3万円~4万円台の車種が多いです。乗りたい車種によって相場が異なるので、カーリースにどのくらいお金を使えるかを算出してから、カーリース会社選び・車種選びをしましょう。

車両購入とリースの料金比較

車両購入とリースの料金比較

カーリースが安いのかを知るためには、自動車購入との比較がわかりやすいでしょう。どのようなお金がかかっているのかがわかると、カーリースのお得さを感じることができます。それぞれの料金をご紹介した後に、料金の比較をしていきます。

車両購入した場合

トヨタ プリウスで車両購入とリース利用を比較していきます。トヨタ プリウスの見積りシミュレーションは以下のようになっています。

車両価格 2,783,000円
税金・諸経費
  • 自動車税:33,000円
  • 自動車重量税:22.500円
  • 自賠責保険:36,780円
  • リサイクル料金:11,480円

参考:https://toyota.jp/service/estimate_simulation/dc/estimate_result?mode=list&CAR_NAME_EN=PRIUS&CAR_TYPE_CD=B++&CAR_SEQ=10264&CAR_SPEC_SEQ=31540&BODY_COLOR_CD=8X7&IN_COLOR_CD=EA11&FORWARD_ACTIONNAME=&FORWARD_ACTIONMODE=&EXEC_KIND=&EXEC_CODE=&send_beacon=true

ローン支払いで購入するのが一般的ですが、カーリースよりもリース対象になる車両価格が多く、税金・諸経費などもかかってきます。ナビやETC、メーカーオプション、オリジナルアクセサリーなどをつけるとさらに価格が上がります。

トヨタ プリウスのリース情報はこちら

リース利用した場合

リース利用したときの料金を、新車リース クルカの料金で見ていきましょう。クルカでトヨタ プリウスを利用する場合の料金は以下の通りです。

ベーシックプラン 月額29,800円
ナビ・ETC付きプラン 月額35,000円
フルパッケージプラン
(サイドバイザー・ナビ・ETC
ドライブレコーダー・USB、HDMI入力端子付き)
月額39,000円

月額料金には、諸経費や税金などが含まれているので、月々の支払いは常に一定になります。頭金やボーナス払い、車検などの費用も必要ありません。自動車購入では、月々のローン支払いに加えて、頭金やボーナス払い、税金、保険料などが発生するので、カーリースよりも費用が多くかかります。できるだけ費用をおさえるならば、維持費がかかる心配のないカーリースがお得です。

トヨタ プリウスのリース情報はこちら

クルカのカーリースはコミコミなので安く乗れる

新車リース クルカは、新車を諸経費コミコミの格安料金でリースしております。他社よりも格安で乗れることには、いくつかの理由がございます。安くリースできる理由や具体的なリース料金をご紹介します。

超高残価設定で安い

クルカは、日本全国・世界中とつながるネットワークやノウハウを蓄積してきました。それらを駆使することによって、他社ではできない超高残価設定を実現しております。残価が多いほど、リースの対象となる車両価格が安くなるので、より安いリース料金での車の提供を可能にしました。

ネット手続きでコストカット

店舗を訪れて問い合わせをするのが一般的ですが、クルカでは簡易見積りから契約前審査までをネット手続きで行っております。対面手続きでかかる人件費がかからず、店舗出店費用の節約も実現しております。節約したコストを還元することで、お得なリース料金を実現しました。

月々コミコミの定額料金でお得

自動車ローンで車を購入すると、月々のローン支払いのほかに、自動車税や車検費用、保険料などが発生します。別途費用がかかり、想定よりもお金が必要になることもあるでしょう。クルカならそのような心配は必要ありません。税金や保険料が月々の支払いに含まれているので、契約期間中毎月定額のお得なリース料金で車を提供しております。

短期リースのメリットがある

クルカは、新車を3年の短期リースで提供しております。中古車リースや長期リースに比べて、故障リスクが少なく、急な修理費用に悩まされることはほとんどないでしょう。また、短期リースはライフスタイルに合わせた利用がしやすいのも特徴です。5年後、7年後車が必要かわからないという方も、ぜひクルカの短期リースをご検討ください。

クルカの取り扱い車種のリース料金

クルカでは、トヨタ アルファードやヴェルファイアなどの人気車種を多数取り扱っております。リース期間とリース料金をまとめましたので、ぜひ乗りたい車種をご確認ください。

車種 リース期間 リース料金
トヨタ アルファード 1年 39,800円~
トヨタ ヴェルファイア 1年 39,800円~
トヨタ ハリアー 3年 29,800円~
トヨタ ランドクルーザー 3年 59,800円~
トヨタ ランドクルーザープラド 3年 44,800円~
トヨタ ヴォクシー 3年 29,800円~
トヨタ ノア 3年 29,800円~
トヨタ アクア 3年 26,800円~
トヨタ プリウス 3年 29,800円~
トヨタ RAV4 3年 39,800円~
トヨタ カローラ 3年 26,800円~
トヨタ カローラツーリング 3年 29,800円~
トヨタ シエンタ 3年 29,800円~
トヨタ RAIZE 3年 26,800円~
ホンダ ヴェゼル 3年 34,800円~
ホンダ フリード 3年 29,800円~
ホンダ シャトル 3年 29,800円~
日産 ノート 3年 29,800円~
日産 セレナ 3年 39,800円~
マツダ CX-8 3年 44,800円~
マツダ CX-5 3年 39,800円~
三菱 デリカD:5 3年 34,800円~

まとめ

今回は、カーリースの安いといわれる理由についてご紹介しました。カーリースは残価を設定することによって、諸経費込みの月額料金の支払いだけで車に乗ることができます。車両購入と比べると、頭金や維持費用などの面で安いことがわかるでしょう。新車リース クルカでは、他社よりも安いリース料金でサービスを提供しております。取り扱い車種のリース料金も参考にして、クルカの利用をご検討してみてください。

この記事をシェアする

関連コラム

ボディタイプで選ぶ

お問い合わせ

私達にお任せください!

分かりやすく丁寧にご案内いたします!

PAGETOP

new